このページの本文へ

高コスパなミドルハイスペックの10.5型タブレット「Galaxy Tab A8」

2022年01月20日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Android 11を搭載するサムスン電子の10.5型タブレット「Galaxy Tab A8(SM-X205)」がイオシス アキバ中央通店に入荷している。店頭価格は4万4800円。

4万円台とお手頃ながら、スペックやエンタメ性能に優れた「Galaxy Tab A8」がアキバ店頭に入荷した

 「Galaxy Tab」の廉価版シリーズ最新作にあたり、ミドルハイスペックのSoCである8コアのUNISOC T618を搭載。ディスプレーは画面占有率80%の10.5型液晶で、解像度は1920×1200ドット。メモリーとストレージは4GB+64GBのモデルが入荷している。

 そのほか、800万画素カメラと500万画素インカメラ、Dolby Atmos対応のクアッドスピーカー、指紋センサー、最大1TB対応のmicroSDスロットなどを搭載。バッテリーは最大15Wの急速充電に対応した7040mAhバッテリーを内蔵している。

ミドルハイクラスのスペックで、WUXGA液晶やクアッドスピーカーなどを搭載している

 なお、入荷したのはnanoSIMスロットを備えたLTE対応モデルで、ネットワークはLTEバンド 1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/38/40/41/66などに対応している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン