絶対行きたい! この街のあの名所 第12回

長野市のウィンターアクティビティで冬の思い出作り

文●越智龍二 イラスト●サタケシュンスケ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 国宝・善光寺をはじめ、真田十万石の城下町・松代、川中島古戦場、戸隠神社(写真)で知られる戸隠など、歴史を感じさせる史跡や観光スポットが点在する長野県長野市。市街地から少し足を伸ばせば自然があふれ、夏はキャンプやトレッキング、冬はスキーやスケートなど、一年を通してアクティビティを楽しむことができるのも魅力です。

 なかでも、極上のパウダースノーが楽しめる「戸隠スキー場」や1998年の長野冬季オリンピックの会場となった「エムウェーブスケートリンク」など、ウインタースポーツを楽しむことができる冬は特におすすめです。

最高の雪と景色だけじゃない! 子供もよろこぶスキー場

戸隠スキー場

 大迫力の戸隠山を目の前に、パウダースノーを体験できるのが、「戸隠スキー場」(リフト1日券・大人4,500円ほか)。上級者から初心者までバリエーション豊かな19コースがあり、スキー&スノーボードはもちろん、キッズパークではソリやスノーチュービングが体験できます。初心者コースには忍者修行をテーマにしたアトラクションがそろう忍者スロープがあり、子供にも大人気。子どもの付き添いなど、スキーをしない人は夜のゲレンデを楽しめるスノーキャットナイトツアー、豪華賞品が当たるラリーイベントなどで楽しめるほか、名物の戸隠そばもぜひ味わってほしい逸品です。

DATA
住所:長野県長野市戸隠3682
電話:026-254-2106
戸隠スキー場

感動を生んだ“聖地”で一生忘れないスケート体験

エムウェーブスケートリンク

 1998年に行われた長野冬季オリンピックのスピードスケート競技会場として建設され、現在も世界大会や全日本大会が開催される国際規格のスケートリンクが、「エムウェーブスケートリンク」です。オリンピック大会に出場する選手たちも練習するリンクは、誰でも気軽にスケートを楽しむことができます(1日滑走料金・平日大人830円ほか)。屋内リンクなのでいつでもいいコンディションでスケートを楽しめるのもうれしいポイント。施設内には「長野オリンピックミュージアム」(入場無料)も併設されていて、長野冬季オリンピックで実際に選手が使用した用具やメダルなどを見学することもできます。

DATA
住所:長野県長野市北長池195
電話:026-222-3300
エムウェーブスケートリンク

雪上を歩いて名所を巡るスノーシューツアーが話題

戸隠観光情報センター

 戸隠神社中社の鳥居前にある観光案内所「戸隠観光情報センター」では、雪の上を歩けるようになるスノーシューを履いて、地元ガイドの案内で銀世界を散策するスノーシューガイドツアーの予約を受付中(当日申し込み不可)。夏は入れない冬の奥社の杜などを散策する奥社の杜散策コース(ガイド料金18,000円※1グループ、約2時間)など常時受付のツアーのほか、戸隠の旬を楽しめるガイドツアー・通称“旬ウォーク”も話題です。今シーズンは、2022年2月20日(日)の高デッキコース、3月13日(日)の戸隠神社奥社随神門~鏡池コースが行われる予定です。そのほか、スノーシュー・長靴のレンタルや、かまくら体験(2022年1月29日<土>~2月13日<日>限定)なども受付。

DATA
住所:長野県長野市戸隠中社3517
電話:026-254-2888
戸隠観光情報センター


 スキー&スケートに、白銀の世界を散策するスノーシューツアーまで、思い出作りにぴったりの人気アクティビテイがズラリ。東京から約2時間の好アクセスながら、都会では味わえない冬の魅力を満喫できる長野市で、記憶に残る体験を!

※記事内の価格はすべて税込です。販売価格は予告なく変更される場合があります。
※この記事は、「つなぐ旅~東日本~ ひがしにほんトラベルガイド」から転載しています。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
2021年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
02月
05月
11月
12月
2019年
05月
2018年
03月
2016年
01月
09月
11月
2015年
11月