このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

第12世代Core & ASUS Z690で組む! オススメPC構成3選

2022年01月06日 11時00分更新

文● 松野将太 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Intelの第12世代Coreプロセッサーが販売開始となり、約2ヵ月ほどが経過した。現状はミドルクラスのCore i5からハイエンドのCore i9までがラインアップされているが、いずれのSKUも性能が優れていたこともあって、Z690マザーボードと共に販売は好調の様子だ。年末年始を機会にPCパーツの新調を考えている、あるいはPCを組もうと思っている人も多いのではないだろうか。

 とはいえ、Z690環境ではDDR5メモリーやLGA 1700対応のCPUクーラーといった新しい規格が登場しており、最新の情報を追っていないとどんなパーツでPCを組めばいいか分からない、という場合もあるだろう。この記事ではそんな人のために、主にASUSのPCパーツを使用し、価格帯に合わせて「松・竹・梅」の3ランクで自作PCの構成例を紹介している。予算に合わせたパーツ選びの参考にしてみてはいかがだろうか。

梅・12万円台のCore i5-12600K搭載PC

ASUS「PRIME Z690-P D4」実売価格は3万2000円前後。DDR4メモリーをサポートし、シンプルな機能を実装したスタンダードなマザーボード

 最初に紹介するのは、12万円台から自作できる「Core i5-12600K」を搭載したデスクトップPCの構成だ。非常にシンプルな構成になっているが、ブラウザゲームや簡単な写真編集といった用途であれば、CPUの高い性能で十分にカバーできる。追加でグラフィックスカードを取り付ければ、そのままゲーミングPCとしても活用できるだろう。

Core i5-12600K採用自作PCの構成
CPU Intel「Core i5-12600K」
(10コア/16スレッド、2.8GHz~4.9GHz)
3万9000円前後
マザーボード ASUS「PRIME Z690-P D4」
(LGA 1700、Z690、ATX)
3万2000円前後
CPUクーラー ASUS「TUF GAMING LC 240 ARGB」
(オールインワン水冷、240mm)
1万4800円前後
メモリー Crucial「CT2K8G4DFS832A」
(DDR4-3200、8GB×2枚)
6500円前後
SSD Crucial「P2 CT500P2SSD8JP」
(500GB、M.2 NVMe)
5500円前後
PCケース Thermaltake「Versa H26」(ATX) 4200円前後
電源ユニット CORSAIR「CX650M(CP-9020103-JP)」
(80PLUS BRONZE 650W)
7300円前後
OS Microsoft「Windows 10 HOME パッケージ版」 1万7000円前後
総額(税込) 12万6300円前後

 第12世代CoreプロセッサーとZ690マザーボードでPCを組み上げる場合、重要になるのがメモリーの選択だ。第12世代Coreプロセッサーは最新規格であるDDR5メモリーと従来のDDR4メモリーの両方をサポートしているが、メモリースロットそのものは互いに互換性がない。そのため、DDR5メモリーを使うのであればDDR5メモリー用のスロットを採用したマザーボード、DDR4メモリーを使うのであればDDR4メモリー用スロットを採用したマザーボードを用意する必要がある。

 現時点でDDR5メモリーはやや高価であり、市場の在庫もそれほど豊富ではない。DDR4メモリーは数年前に比べれば価格も落ちてきており、入手性も高いため、手っ取り早く自作をするならDDR4メモリーと対応マザーボードを選択するのがベターだ。今回はASUSのDDR4メモリー対応マザーの中でも比較的安価な「PRIME Z690-P D4」、DDR4-3200対応で価格も1万円を大幅に下回るCrucial「CT2K8G4DFS832A」をチョイスしている。

1万円台と安価なオールインワン水冷ユニット「TUF GAMING LC 240」

 また、CPUクーラーには同じくASUSのオールインワン水冷ユニット「TUF GAMING LC 240 ARGB」を選択した。1万円台半ばと比較的安価で購入できる240mmラジエーター採用CPUクーラーで、高負荷時の発熱がやや大きい第12世代Coreプロセッサーと組み合わせても安心感がある。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ