このページの本文へ

KDDI、迷惑電話の着信を専用機器不要で自動遮断する「迷惑電話自動ブロック」を2022年2月16日より提供開始

2021年12月09日 16時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIとトビラシステムズは2022年2月16日から、国内で初めてとする特殊詐欺や悪質セールスなどの迷惑電話の固定電話への着信を専用機器不要で自動遮断する「迷惑電話自動ブロック」の提供を開始する。

 これまで固定電話への迷惑電話を遮断するには、自宅の固定電話機に迷惑電話対策機器を外付けで設置するか、迷惑防止機能付きの固定電話機に買い替える必要があった。

 本サービスでは、ネットワーク上で迷惑電話の着信を自動遮断するため、専用機器が不要となる。

 また警察・自治体からの提供やユーザーの申請情報を収集したトビラシステムズの迷惑電話番号データベースの活用により、最新データで構築したおよそ3万件の迷惑電話の番号からユーザーの固定電話を保護することが可能という。

 月額利用料は330円で、サービス開始に先立って予約を12月10日より開始。さらに、事前予約で最大3ヵ月間利用料を無料とする「迷惑電話自動ブロック3カ月無料キャンペーン」を実施。加えて、迷惑電話自動ブロックを含む5種類のオプションをまとめてお得に利用可能な「オプションお得パック」も2022年2月16日から開始する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン