このページの本文へ

NECブランドのWindows PCに搭載される「ハードディスクデータ消去ツール」が「データ適正消去実行証明協議会」の認証を取得

2021年12月08日 12時50分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECパーソナルコンピュータ(以下:NECPC)および日本電気(以下:NEC)は12月8日、NECブランドのWindows PCに標準搭載されている「ハードディスクデータ消去ツール」が「データ適正消去実行証明協議会(Association of Data Erase Certification:略称ADEC)」の認証を取得したと発表した。

 総務省の「地方公共団体における情報セキュリティポリシーガイドライン(令和2年12月改訂)」では、「情報システム管理者は、機器を廃棄、リース返却等をする場合、機器内部の記憶装置から、全ての情報を消去の上、復元が困難な状態にする措置を講じなければならない。」と示されている。

 この為、企業や団体、個人が機密情報やプライバシーを守る上で、PCを廃棄する際にデータの確実な消去をする必要性が高まっているという。

 ハードディスクデータ消去ツールは、3段階のデータ上書き消去方法を提供。これはADECの「データ消去技術ガイドブック」(第2.3版)に記載される“Clear”のレベルを満たしており、今回、ADECにより認証された。

 なお、ADEC認証取得のハードディスクデータ消去ツール搭載商品はNEC LAVIEシリーズ(Windows PC)、NEC VersaProシリーズ、NEC Mateシリーズとなる(うち、一部モデルは対象外。詳細はこちらから)。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ