このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第801回

ただし保証は切れる:

アップル「M1版MacBook Air」簡単な改造でMacBook Pro級の性能に?

2021年12月07日 15時30分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのM1チップ搭載MacBook Airに、ある改造を施すと13インチM1 MacBook Proと同等の性能を出せるようになるという。YouTubeチャンネルHigh on Techが11月25日に公開した動画が話題だ。

 その改造とは、MacBook Airにサーマルパッドを入れることだ。

 本体の底面カバーを外し、M1チップのあたりにサーマルパッドを取り付けることで、底面すべてがヒートシンクの役割を果たすようになる。結果、サーマルスロットリングが発生せず、MacBook Proと同等の性能が出せるようになるという。

 サーマルパッドは安いものなら1000円前後で買えることから、かなりお手軽かつコスパの良い改造だが、当然ながらアップルの保証は切れるため自己責任で。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中