このページの本文へ

コンカーの「SAP Concurソリューション」が富士通のグループ間接費管理基盤として採用

2021年12月01日 18時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 コンカーは12月1日、富士通のグループ間接費管理基盤として、SAP Concurソリューションが採用されたと発表した。

 富士通では、デジタル時代の競争力強化を目的として、製品やサービス、ビジネスモデルに加えて、業務プロセスや組織、企業カルチャーを変革する全社DXプロジェクト「Fujitsu Transformation(フジトラ)」を推進している。

  その一環として、全従業員が関わる間接業務領域のDX推進を目的に、経費精算・管理クラウド「Concur Expense」、請求書管理クラウド「Concur Invoice」、出張管理クラウド「Concur Travel」を含む主要なSAP Concurソリューションの導入に至ったという。

 主な選定ポイントとしては「様々なデータ連携により、データドリブン経営が実現できること」、「キャッシュレス、ペーパーレス、入力レスが実現できること」、「法人カードやQRコード決済アプリをはじめとする連携サービスの豊富さ」をあげている。

 なお、本ソリューションは2022年7月を目途に、国内グループ会社74社を含めて従業員およそ7万人を対象に導入予定。今後は、海外のグループ会社を含むグローバル展開も検討していくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!