このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

普段使いならかなり快適、軽い写真編集やゲームも可能

12万円台でRyzen 7 5700G搭載のミニタワーPC「STYLE-M0P5-R75G-EZX」、コンパクトで汎用性高い性能も魅力!

2021年12月06日 11時00分更新

文● 藤田忠 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「STYLE-M0P5-R75G-EZX」

 ユニットコムのBTOパソコンブランドの「iiyama PC」では、ゲーミング向けの「LEVEL∞」をはじめ、創作活動に最適なクリエイター向け「SENSE∞」や、普段使いから軽い写真・動画の編集などに使えるスタンダードモデルの「STYLE∞」といった、豊富なラインアップが揃っている。

 今回紹介する「STYLE-M0P5-R75G-EZX」は、シンプルなデザインとコンパクトなミニタワーケースを採用する「STYLE∞ M-Class」シリーズに属する1台。CPUは写真や動画の編集作業にも強い8コア/16スレッドと、iGPUにAMD Radeon Graphicsを備えるRyzen 7 5700Gを搭載し、12万980円からと手頃な価格なのも魅力だ。

 今回は、そんなSTYLE-M0P5-R75G-EZXの特徴と、実際の使い勝手をみていこう。

試用機の主なスペック
機種名 STYLE-M0P5-R75G-EZX
CPU AMD「Ryzen 7 5700G」(8コア/16スレッド、3.80GHz~4.60GHz、TDP65W)
グラフィックス AMD Radeon Graphics
メモリー DDR4-3200 8GB×2 合計16GB(最大64GB)
ストレージ 500GB M.2 NVMe SSD
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 ギガビットLAN
PCケース ミニタワー(HEC 6TJU、MicroATX)
インターフェース(フロント) USB 3.0 Type-A×2、マイク入力、ヘッドフォン出力
インターフェース(リア) HDMI出力、DisplayPort出力、D-sub 15ピン、キーボード/マウス兼用PS/2、USB 3.1 Type-A、USB 3.1 Type-C、USB 3.0 Type-A×4、USB 2.0 Type-A×2、マイク入力×1、ライン入力×1、ライン出力×1
サイズ およそ幅175×奥行387×高さ360mm
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ