• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

  • “パイ育”システムが衝撃を与えた『限界凸旗 セブンパイレーツ』が『H(ハイパー)』になってSwitchに登場!

  • 2人のくノ一との同棲生活が楽しめる!Steam版『NinNinDays2』が1月21日に配信決定

  • 無料のiOS/Android 向けアプリ『チョコボGP’』が配信中!

  • ゲームアプリ『五等分の花嫁』にて新イベント「五つ子ちゃんと混浴温泉 ~一緒に入るなんていけません!~」が1月16日より開催!

  • 『DQウォーク』で次のイベントに先駆け「よみがえる いにしえの魔 序章クエスト」が開始

  • レースと育成を繰り返して因子Lvを強化!『ウマ娘 プリティーダービー』期間限定の新イベント「レーシングカーニバル」が開催!

  • SIEがPS5/PS4『Horizon Forbidden West』の最新映像「部族」を公開!

  • 『Pokémon LEGENDS アルセウス』世界観やシステムを紹介する映像が公開

  • HORI、PS5公式ライセンスのステアリング型コントローラーを新たに発表

  • PC『SDガンダムオペレーションズ』で超総力戦「ジュリエッタ搭乗レギンレイズ・ジュリア」を開催!

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022January

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

メガドラでは珍しい3Dのポリゴン作品

メガドライブのアクションRPG『スタークルーザー』が「プロジェクトEGG」でリリース開始!

2021年11月30日 14時45分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは11月30日、1990年にメサイアがメガドライブで発売したアクションRPG『スタークルーザー』をレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」でリリース開始した。価格は、440円(キャンペーン終了後は880円)。

以下、リリースを引用

 24世紀、人類は、重力カタパルトと呼ばれる一種のワープ装置の発明により、ソル星系(太陽系)を中心に「地球連邦」という、4つの星系(ソル、アルファケンタウリ、シリウス、バーナード)を統治する統一国家を形成していた。

 人類の勢力範囲が広がった結果、やがて広大な銀河にまたがる大文明「汎銀河連邦」と遭遇し、異星人との間に公の交流が始まった。しかし、この交流は異星人側に主導権があり、これを不満とする者たちによる暴動やテロ、内乱が相次いで起こり始めた。

 その影響は相当なもので、「地球連邦」の事実上の崩壊など、以後数世紀に渡る混乱を招くことになってしまったのである……。

 本作は1990年にリリースされたアクションRPGです。プレイヤーはハンターのブライアン(名前の変更は可能)となって、3Dで構築された地上や宇宙空間を舞台に探索、戦闘、情報収集などをしながらVOIDとの戦いに身を投じることになります。

 本作の大きな魅力はメガドライブの機能をフルに使った3D描画による世界。広大な宇宙空間からダンジョン、自機、人や木々に至るまでのすべてがポリゴンで表現され、ゲームへの没入感はかなりのもの。

 そして、こうした3D空間での戦闘は臨場感も抜群です。3D空間でのミサイルやビームを駆使した戦闘では、手に汗握る戦いが楽しめることは間違いありません。

 ほかにも、プレイヤーの想像をいい意味で裏切るストーリー、SFファンならグッとくるような世界観、登場人物たちの掛けあいの妙などは、発売から20年経った今でも色褪せることなく楽しめる内容となっています。

 シナリオには第三者的な視点はなく、プレイヤーは主人公が得た情報のみしかわかりません。視点だけではなく、“シナリオについても一人称視点”といったあたりは、本作ならではのこだわりといえるのかもしれません。

 なお、PCからコンシューマーへの移植にあたっては、主人公が無口になっていたり、ダンジョンでの戦闘はエンカウント方式ではなくシームレスに戦えたり、新しい人物が登場したり、金銭の概念がなかったりとさまざまな違いが見られるため、PC版で慣れ親しんだ人も、新たな気持ちでプレイに臨むことができます。

 本作をプレイして楽しめたら、“少しおしゃべりな主人公”のPC版もあわせてプレイすれば、スタークルーザーの世界をより深く知ることができるかもしれません。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

【ゲーム情報】

タイトル:スタークルーザー(メガドライブ版)
ジャンル:アクションRPG
メーカー:extreme
プラットフォーム:PC
発売日:配信中(2021年11月30日)
価格:440円
※キャンペーン終了後は880円での配信となります。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう