このページの本文へ

zeteoh、ディープラーニングによって日常的な身体活動を検知する技術を開発

2021年11月25日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 zeteohは11月25日、ディープラーニングによって、自動的にスマホで「歩く・走る・サイクリング・階段の昇り降り」の4種類の日常的な身体活動を検知する技術を開発したと発表した。

 運動を取り入れたゲームやヘルスケアアプリには、歩数計を使ったものとGPSを使ったものがあり、「歩く」こと以外のアクティビティーへのニーズがあるものの、技術的に限界があったという。

 そこで同社はディープラーニングによって、複数の日常的な身体活動をスマホで検知する技術を開発。

 本システムにより技術的な制約をなくし、モバイルゲーム開発などで運動とゲームを組み合わせた新しい体験をユーザーに提供していくとしている。

■関連サイト

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

アクセスランキング
ピックアップ