このページの本文へ

Microsoft「Windows 11 Home」、「Windows 11 Pro」

DSP版「Windows 11」の販売が始まる

2021年11月12日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DSP版「Windows 11」の販売が11日(木)よりスタートした。価格は「Windows 11 Home」が約1万6000円、「Windows 11 Pro」が約2万1340円で、いずれもパーツのバンドル販売が条件だ。

販売がスタートしたDSP版「Windows 11」

 登場したのは、DVDメディアに収めらた簡易パッケージ品で、従来から販売されているWindows 10のDSP版とほぼ同じ。32bit版はないため、64bit版のみが登場している。

PCパーツと一緒に買うのが条件のDSP版。Windows 10も普通に販売されている

 一部のショップでは発売を記念したセール品も用意しているが、いずれも反応は鈍い。急いで購入しようという人はあまりいないようだ。販売しているのは、パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA パソコン・デジタル館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.となっている。

発売を記念したセール品を販売中のショップも。購入予定なら利用するとお買い得だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中