このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

年末年始のゲーム三昧を満喫したい人にオススメ

RTX 3090+第11世代Core i9搭載、50万円台のモンスター級マシン「G-Tune XP-Z」が鬼ヤバいワケ

2021年11月09日 11時00分更新

文● BRZRK 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マウスコンピューターの「G-Tune XP-Z」

 PCゲームを遊ぶときにどうしても気になるのが、「快適に遊べるか?」だ。最新ゲームを美麗グラフィック設定で思う存分楽しもうと思えば、当然CPUやGPUなどに多大な負荷がかかってしまう。もちろん、ゲーム側の負荷設定を多少落とせば処理落ちなどのリスクをある程度回避できるのだが、やはり根本的な問題はスペックによるところだろう。

 そんななか、マウスコンピューターの「G-Tune」ブランドから、モンスター級のマシンスペックを誇るゲーミングPC「G-Tune XP-Z」(以下、XP-Z)が登場した。搭載CPUが「Core i9-11900K」、GPUが「GeForce RTX 3090」と、鬼に金棒といった強力な装備に加え、搭載メモリーが32GBもある。また、最新OSの「Windows 11」が導入されている点も特徴的だ。果たしてその実力はどんなものなのか、実際に見ていこう。

試用機の主なスペック
CPU インテル「Core i9-11900K」
(8コア/16スレッド、3.5~最大5.3GHz)
グラフィックス GeForce RTX 3090(GDDR6X、24GB)
CPUクーラー 水冷CPUクーラー(240mmラジエーター)
メモリー 32GB(DDR4-3200、16GB×2)
ストレージ 2TB SSD(M.2接続/NVMe対応)+4TB HDD
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
インターフェース USB 2.0(Type-A)×4、USB 3.0(Type-A)×7、USB 3.2(Type-C)、DisplayPort×3、HDMI、前面(マイク入力/モノラル、ヘッドフォン出力)、背面(マイク入力、ラインイン、ラインアウト、リアスピーカー、センター・サブウーファー、SPDIF/オプティカル/角型)、有線LAN(2.5GBASE-T)
電源 1200W(80PLUS GOLD)
サイズ 約幅215×奥行490×高さ481mm
重量 約18.6kg
OS Windows 11 Home(64bit)

ピカピカ発光しない見た目が渋く、質実剛健を地で行くゲーミングPC

 まずはXP-Zの外観を見ていきたい。本体のケースはブラックを基調色とし、フロントパネルの右端のみがレッドと、渋めのカラーリングに仕上げている。

ブラックとレッドの2色が特徴的なケース

 フロントパネルは縦方向に並んでおり、電源ボタン、USB端子(USB 3.0×2、USB 2.0×2)、ヘッドフォン・マイク用端子、スロットローディング式DVDスーパーマルチドライブが並んでいる。USB端子は4スロットあるのでUSBカードリーダーやスマートフォンの充電でUSB端子を使うことが多い人でも、十分に余裕のある構成となっている。

電源ボタンやUSB端子などが縦に並ぶフロントパネル

 本体の両サイドパネルの上部はハニカム構造を採用し、その隙間が空いているのがわかるだろう。左側面の隙間から外気を取り込み、右側面から排出するエアフローになっている。熱のこもったエアーをすぐに排出できるので、熱がこもりにくい構造だ。

ハニカム構造を採用したサイドパネル。左側面から外気を取り込み、右側面へ排出するエアフローになっている

 サイドパネルを取り外すとケース内部へとアクセスできる。本体上部には水冷CPUクーラーのホースがラジエーターまで伸びている。不要な配線が飛び出しているようなこともなく、スッキリとした見た目で格好が良く見えるのは筆者だけだろうか?

内部の様子

CPUをしっかり冷やす水冷CPUクーラーを搭載

本体上部には、水冷CPUクーラーの240mmラジエーターが設置されている

 搭載されているGPUは最新のGeForce RTX 3090だ。巨大なファンを搭載しているため3スロットを専有している。各種拡張ボードの導入を検討する場合は空きスロットと相談しておく必要がある。

最新のハイエンドGPUであるGeForce RTX 3090を搭載

 GPUの上にあるのがM.2 SSDだ。この凹凸のある板がM.2 SSDの熱を和らげるヒートシンクとなっており、発熱によるパフォーマンスの低下を防いでくれる。

GPUの上にはM.2 SSDが。ヒートシンクを搭載しているため、発熱によるパフォーマンス低下を心配する必要はないだろう

 最後はケースの後部を確認してみよう。こちらも変わらず基調色はブラックで統一されている。バックパネルにはUSB Type-C端子やオーディオ関連の端子が所狭しと並んでいる。なお、PCIスロットから見えるGPUは一見2スロットのようだが、内側のGPU冷却機構がせり出しているので実際は3スロットであることに注意されたし。

ケースの後部には、USB Type-Cやオーディオ関連の端子が並んでいる

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ