• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

世界滅亡後の未来を舞台に、失われた文明を取り戻そう

究極のサバイバルSLG『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』がPS4/Switchで2022年1月27日に発売決定

2021年10月28日 15時00分更新

文● Zenon/ASCII

 セガは10月28日、シミュレーション・ストラテジーゲームに定評のあるParadox社の最新作『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』(PlayStation 4/Nintendo Switch)を、日本およびアジア地域で発売すると発表した。発売日は2022年1月27日で、価格は6578円。

■アナウンストレーラー

 『サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星-』は、世界滅亡後の未来を生き残る、サバイバルシミュレーションゲームです。プレイヤーは、滅亡後の世界にコロニーを建設し、隕石やフォールアウトなどの回避不能な脅威をしのぐため、より強固な住居を作り、周囲を探索したりしながら、新技術の研究を進めていきます。

コロニーの立ち上げ

コロニーマップ

大災害

周囲の探索

 失われた文明を取り戻すためには、特別な能力を持つ「スペシャリスト」、さまざまな効果を持つ「建造物」、無限に広がる「テックツリー」などの各要素をうまく操ることが必要です。それぞれの要素は深く絡みあっており、本作独自の奥深いゲームシステムが堪能できます。

スペシャリスト

建造物

テックツリー

 コロニーの住人やマップは、ゲームを始めるたびにランダムで変化します。また、テックツリーもプレイスタイルの設定内容によって変化するため、繰り返しゲームを楽しむことが可能です。選んだプレイスタイル、難易度によってAIが働き、遊ぶたびに異なるゲーム体験ができます。繰り返しプレイして腕を磨き、“難易度100%”に挑みましょう!

ワールドマップ

難易度設定

 

【ゲーム情報】

タイトル:サバイビング・ジ・アフターマス -滅亡惑星
ジャンル:サバイバルシミュレーション
販売:セガ
開発:Paradox
プラットフォーム:PlayStation 4/Nintendo Switch
発売日:2022年1月27日発売予定
価格:6578円(パッケージ/ダウンロード)
プレイ人数:1人
CERO:C(15歳以上対象)

※セガは、日本およびアジア地域(台湾・香港・韓国・東南アジア諸国)での発売・販売元となり
ます。
※画面はすべて開発中のものです。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう