前へ 1 2 次へ

GIGABYTEがZ690シリーズマザーボードを発表、全11製品を国内に投入

文●ドリル北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GIGABYTEが新チップセットIntel Z690を採用するマザーボード全11製品を日本国内で販売すると発表した。このうちDDR5メモリー対応モデルが9製品、DDR4メモリー対応モデルが2製品となる。発売日は未定。

GIGABYTE製Z690マザーボードシリーズのラインナップ
プラットフォーム 製品名
ATX Z690 AORUS XTREME
Z690 AORUS MASTER
Z690 AERO D
Z690 AORUS PRO
Z690 AERO G
Z690 AORUS ELITE AX
Z690 UD AX
Z690 UD
Z690 UD DDR4
Micro ATX Z690M AORUS ELITE DDR4
Mini-ITX Z690I AORUS ULTRA

 想定売価は「Z690 AORUS PRO」が4万8000円前後、「Z690 UD」が3万円前後、「Z690 UD DDR4」が2万8000円前後。本日28日より予約を開始する。なお、これ以外の製品の価格は未定だ。

新マザーボードの特徴と GIGABYTEの独自機能

 各製品の概要を紹介する前に、GIGABYTE Z690シリーズマザーボードに搭載された独自機能をかいつまんで説明しよう。

ハイブリッドコアの最適化

 新CPUのP-CoreとE-Coreの活性化と電圧ポリシーを調整する、2つの新しい「CPUアップグレード」項目を BIOSプロファイルに追加している。これによりゲームでの性能を落とすことなく、CPUの電力を最大20%ダウン、さらにCPU温度を5度下げられるという。

インテルの新世代CPUに対応

DDR5メモリーの採用

 DDR5を使うと、DDR4より50%性能が向上する。さらにシステムに大きな負荷がかかっているときに、ワンクリックで自動的に周波数を5000MHzにブーストする機能「DDR5 Auto Booster」を搭載している。これはUEFIから設定できる。

DD5に対応。DDR5スロットにDDR4メモリーは差さらないので、既存のDDR4メモリーを流用したいならDDR4対応モデルを買うことになる

ワンクリックで自動的に周波数を5000MHzにブーストする機能「DDR5 Auto Booster」

 さらに、さまざまなメモリーベンダーに対応した多種多様な調整済みプロファイルデータベースをUEFIに内蔵しているため、クロック、電圧、タイミングなど数十種類のメモリーパラメーターを入力する必要がない。このプロファイルをXMP 3.0ユーザープロファイルに転送することもできる。

主要なメモリーのプロファイルは、すでにUEFIに組み込まれているので、面倒なパラメーター設定は必要ない

ヒートシンクがFins-Array IIIに進化

 VRM周りのヒートシンク総表面積は従来型から900%も増えている。このヒートシンクは、熱放射を高めて放熱を促進するためナノカーボンでコーティングされている。ナノカーボンのおかげで10%の冷却効率向上が得られるという。

VRM周りのヒートシンクが大型化。冷却性能を高めている

PCI Express 5.0を採用

 Z690チップセットは、最新のPCIe 5.0を採用するのが大きな特徴の1つだ。PCIe 5.0は転送速度が高速なため、PCIe接続の機器を大量につなげてもレーン数が不足することはあまりない。

PCIe 5.0を採用する。下位互換が保たれているので、PCIe 4.0対応機器をPCIeスロットに差しても動作する

 ちなみに、NVMe SSDは最大転送速度が7GB/sに達する製品が出回ってきているが、PCIe 4.0の最大転送速度は7.88GB/sなので、このままではあと0.88GB/sしか速度を上げられない。一方、PCIe 5.0は最大転送速度が2倍の15.75GB/sになるので、現在より2倍高速なSSDが出現したとしてもボトルネックになることはない。

 現状ではPCIe 5.0に対応したSSDやビデオカードは発売されていないが、ここは先行投資だと思い、対応製品の登場を待ちたいところだ。

前へ 1 2 次へ

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2017年
08月
2015年
04月
09月
2014年
10月
2010年
01月
02月