このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 第638回

Alder Lakeの発売は11月か? Core-Xが事実上消滅 インテル CPUロードマップ

2021年10月25日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回はひさびさに、インテルCPUの製品ロードマップをお届けしよう。前回は連載596回だったので、9ヵ月ぶりというかほとんど10ヵ月ぶりに近い。前回はお正月だったから、まだRocket Lake-Sの発売前である。ということを踏まえて、そこからのアップデートをお届けしたい。

2020年~2022年のインテルCPUのロードマップ

 なお、さすがにそろそろ2019年度の製品は図からは省かせていただいた。といっても、現時点までの製品展開そのものはそれほど大きなアップデートはない。

Rocket Lakeベースの第11世代Coreプロセッサーが発表
Core-Xが事実上消滅

 前回以降で言えば、3月17日にRocket Lakeベースの第11世代Coreプロセッサーが発表になった。ただイッペイ氏のこの記事の解説にもあるように、Rocket LakeはCore i9/i7/i5までで、Core i3とPentium/CeleronについてはComet Lake Refreshという形になっている。

 このあたりについては若干、以前の筆者の予想と実際の製品で型番やスペックにずれがあったが、これは今回の図版で修正している。

 では前回のロードマップと今回のロードマップの最大の違いは? というと、もちろんこの後出てくるAlder Lakeの話が入っているのが一番違うのだが、それを除くとCore-Xが事実上消滅したことだろう。

Core-Xが事実上消滅

 もともとはAMDのThreadripperシリーズに対抗すべく、急遽でっちあげたとでもいうべきラインナップであるCore-Xであるが、やはり製品バランス的にはかなり厳しいモノがあった。

 おまけに競合製品であるThreadripperが、エンスージアスト向けからワークステーション向け(Threadripper Pro)に移行してしまい、こうなると無理にコンシューマー向けにこのクラスのプロセッサーを導入する必要はない、という判断になるのも無理ないところだろう。

 ワークステーション向けにはXeon Wというラインナップがあるので、ここを厚くしていけばThreadripper系とは十分競合可能である。結果、Core-X系はCascade Lakeベースの製品が最初で最後になってしまったようだ。少なくとも現時点で聞こえる限り、Ice LakeをベースとしたCore-Xを投入、という話はまったくないし、そもそもCore-Xの新製品どころかアップデートの話すらない。

2021年7月に投入されたXeon W3300シリーズ

 Xeon Wに関しては、2021年7月にIce Lake-SPをベースとしたXeon W3300シリーズが投入されており、ハイエンドのXeon W-3375は38コア/76スレッド、最大4GHz動作、3次キャッシュ57MB、8ch DDR4-3200接続、4×PCIe Gen4 x16でTDPは270Wという、それなりのお化けである。

 もっともRyzen Threadripper Pro 3995WXと競合させようとするとこのクラスのスペックが必要なのは理解できる。

 エントリワークステーション向けには、これに先立ちRocket LakeベースのXeon W-1300シリーズが2021年4月に投入されている。これはComet Lake-SベースのXeon W-1200シリーズの後継という位置づけだ。

 もう一つの違いは、Elkhart Lakeは一応Pentium N/Pentium J/Celeron N/Celeron Jの名前を付けて発表こそされたものの、これは組み込み向け専用として提供されており、まずデスクトップ市場に入り込む可能性がなくなったことだ。もちろんマザーボードメーカーが、Pentium N/JあたりをベースにNUCを作るとか、マザーボードにCPUを実装した形で提供することは可能だが、どちらかといえばレアである。

 そうした省電力向けに関しては、CoreプロセッサーのY SKUやU SKUを使ってほしい、というのがインテルの要望ということだろう。ただ後述の理由で、このPentium/CeleronのSKUの新製品がどうなっているのかさっぱりわからないので、今後絶対にデスクトップに投入されることはないとは断言できないのだが、その可能性は薄いということで今回はロードマップから外させていただいた。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン