このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第311回

実は中高年にも使いやすい! 折りたたみを便利に使える「Galaxy Z Flip3 5G」

2021年10月24日 12時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回レビューするのは「Galaxy Z Flip3 5G」。サムスン電子製の縦折り型のフォルダブルモデルで、昨年発売されたGalaxy Z Flip/Z Flip 5Gの後継機です。Galaxy Z Flip/Z Flip 5Gは日本ではauだけの取り扱いでしたが、Galaxy Z Flip3 5Gはドコモからも発売。価格は、auのオンラインショップで14万48925円、「スマホトクするプログラム適用時」の実質負担金は9万9245円。またドコモ版はオンラインショップで14万8896円、「いつでもカエドキプログラム適用時」の実質負担金は8万8176円となっています。

閉じると手のひらサイズ
開閉の安定感は◎

 Galaxy Z Flip3 5Gはコンパクトに折りたためて、開くと6.7型の大画面スマホとして使えます。同時に発表された横開き型の「Galaxy Z Fold3 5G」は、閉じた状態でもフツーのスマホとして使えて、開くとタブレットのように使える仕様なので、同じフォルダブルでもコンセプトは大きく異なります。

閉じた状態のサイズは約86×72×15.9mmで、重さは約184g。背面に約1200万画素のデュアルカメラを搭載

開いた状態の背面。サイズは約166×72×6.9mmとなる。カラバリは、この「クリーム」のほかに「ファントムブラック」も選べる

 電話がかかってきたら開いて応答したり、通知が届いたら開いてチェックしたりする感覚はガラケーに近く、ガラケーを長く使っていた世代には、どこか懐かしさを感じること請け合いです。ヒンジがしっかりとした造りなので、安心してパカパカと開閉できます。ただし、端末を片手だけで開くのは難しく、身体などに当てると片手でもサッと開けます。なお、閉じる操作は片手でスムーズにできます。

ヒンジ部はこのようになっていて、開くと背面中央の部分が隠れる

折り曲がる部分はうっすらとわかるが、気になるほどではない

 サイズ感は、前モデルのGalaxy Z Flip 5Gとほぼ同等。手のひらでガッツリと掴める大きさで、ポケットに収めやすいのも利点。重さも184gに抑えられています。

筆者の手は小さいほうだが、手のひらに収まるほどのサイズ感

 メインディスプレーは6.7型で解像度は2640×1080ドット。アスペクト比が22:9の縦に長い画面で、四方のベゼルがほぼ同じ太さのバランスが取れたデザイン。インカメラはパンチホールで、高い画面占有率を実現しています。

開くと6.7型の縦長スクリーンを利用可能。前モデルのGalaxy Z Flip 5Gよりも横幅が2mmほど細くなり、より持ちやすくなった

 右側面に電源キーと指紋センサーを兼ねるサイドキーと音量キーを搭載。左側面にはSIMスロットを備える。底部にはUSB Type-Cポートがあり、イヤホンジャックは非搭載。底部とディスプレー上部それぞれにスピーカーを搭載しています。

右側面にサイドキーと音量キー。サイドキーには指紋センサーが搭載されている

左側面にSIMスロットを搭載し、nanoSIMを1枚挿せる。なお、microSDには対応していない

閉じた場合のヒンジ部にはGalaxyのロゴが刻まれている

底部にUSB Type-Cポートを備える

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン