Razer Bookの新色も!

Razerが米国でハプティック内蔵ヘッドホンから自作パーツまで発表

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷



 Razerは現地時間10月21日に、世界向けのイベント「Razer Con 2021」を開催し、ホリデーシーズンに向けた新製品を発表した。すべて世界向けとなっており、日本での発売は後日公開となる。

Kraken V3
ゲームはもちろん映画もドラマも「Haptics=振動」

 ヘッドセットの最新モデル「Kraken V3」シリーズを発表した。モデルとしては、「Kraken V3 Pro」、「Kraken V3 Hypersense」、「Kraken V3」の3モデルで、ProとHypersenseには振動装置を内蔵することによって、よりリアルな体感を実現している。

 「Razer Hypersense」というこの機構は、従来の1方向への振動ではなく、立体感のある振動を発生するもの。さらに、一定の周波数で固定された振動のON/OFFではなく、0から200Hzの間で幅広く変化する。

 ヘッドホンの左右で、異なる振動を発生させることによって、ステレオ感のある体感を実現しており、入力される左右のサウンドを分析して、ヘッドホンが自動的に振動を発生させる仕組みだ。そのため、ゲームのみならず、映画やドラマ、ドキュメンタリーといった映像作品でもハプティクスを経験できる。音声情報の処理速度は5ms以下という。

 振動はもちろんOFFにもできるうえ、弱、中、強の3段階でユーザーが指定することも可能。音のほうも、定評のRazer Triforce 50mm Titanium Driverによって、高音・中音・低音ともに豊かな音声を出力。RazerではおなじみのTHX Spatial Audioでサラウンドも楽しめる。

 ハプティックを内蔵しないKraken V3は99.99ドル、有線型の同Hypersenseは129.99ドル、ワイヤレス型の同Proは199.99ドル。3モデルともに抜き差し可能なマイクが付属する。

新型のゲーミングチェア
「Enki」シリーズ

 長時間のゲームプレイでも体をいたわるための、新型チェアがEnkiで、従来モデルを大幅に見直し、座面、ランバーサポート、ひじ置きのデザインやファブリックも刷新している。

 1日中ゲームしても疲れないチェア 110度の肩アーチ形状、幅広21インチのシート、腰をささえる背もたれは152度リクライニングが可能だ。

 色は完全なブラックと、アクセント部分がRazerカラーのグリーン、さらにピンクも用意される。Enki Proはカーボンファイバー柄とアルカンターラ素材でクッションも付属する。価格は299ドルから

電源から水冷ユニットまで
Razerらしいデザインの自作用パーツも登場

 発表となったのは4種類の自作パーツで、いずれも高性能で静音、3種類はおなじみのChromaで、RGBフルカラーのイルミネーションを内蔵する、Razerらしい製品だ。

 一体型水冷ユニット「Hanbo Chroma」はAsetekと共同開発した製品で、ラジエター部分が冷却ファン2台の240mmサイズと、3台内蔵の360mmサイズの2種類で11月に発売予定。

 ファンの「Kunai Chroma」は直径120mmと140mmの2種類で、油圧軸受けで静音を実現(44.99ドル)。最大8台のファンを接続できる「PWMファンコントローラー」(49.99ドル)とともに10月21日発売。

 電源の「Katana Chroma」は750、850、1000、1200、1600Wの5モデルで、2022年1~3月に発売の予定だ

Razer BookのWindows 11搭載と、新色「Quartz」も発表となった!

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
04月
07月
08月
10月
11月
12月
2018年
06月
07月
11月
12月
2017年
01月
07月
10月
12月
2016年
01月
11月
2013年
03月