このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

漆黒の蠍が早朝のオートバックスを占拠! アバルトオーナーが全国から集結

2021年10月22日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アバルトとそのオーナーが早朝の「A PIT AUTOBACS SHINONOME」に集結!

 10月17日(日)の早朝、オートバックスの旗艦店舗「A PIT AUTOBACS SHINONOME」にて、毎月第3日曜日の恒例イベント「モーニングミーティング」が開催されました。今回のテーマはアバルト。はたしてどんなクルマとオーナーが集まったのでしょう?

アバルトオーナーは活動的!?

イベント当日のA PIT AUTOBACS SHINONOME。雨です……

 イベント当日は朝から雨。「雨だから、それほどクルマは来ないだろうなぁ。以前雨だったMINIの回でも、それほど多くは集まらなかったし」などと思いながら、会場に向かったところ……。

第一アバルトを発見

 会場近くの道で元気に走る1台を発見! とりあえず取材はできそうだと安心しながら会場に入ると、「A PIT AUTOBACS SHINONOME」の敷地内がアバルトで埋め尽くされているではありませんか。

屋外駐車場

立体駐車場1階部分

立体駐車場2階部分

 施設の屋外駐車場部分は言うに及ばず、3階建ての立体駐車場のうち、1階と2階部分がすべてアバルトという、筆者が取材した「モーニングミーティング」史上、最大の台数が集結したではありませんか! 右を見ても左を見てもアバルト595だらけ。そして昨年夏に販売終了した124の姿もちらほら。見ているだけでサソリの毒にやられそうです。

伊豆ナンバー!

山形ナンバー!

京都ナンバー!

神戸ナンバー!

 クルマのナンバーを見ると、多くは「595」「124」と、クルマの型番からインスパイアしたものがほとんど。ほかには「500」も多かったです。ここまでは予想できたのですが、予想外なのが県外ナンバーの多さ! 過去のイベントでは東雲という土地柄、都内や横浜、千葉、埼玉の参加者が大半を占めていたのですが、緊急事態宣言が解除されたこともあってか「大阪」「山形」「神戸」など、今まで見たことがないエリアからの参加者が多く「アバルトオーナーは活動的なのか?」と思ったり。

イベント中もひっきりなしにアバルトが来場! ちなみに写真は横浜からの参加者

 そんなオーナー像を見たところ、年齢層はかなり幅広いのですが、30代が中心の様子。シャイな方が多く「クルマと一緒に写真を撮らせてもらえませんか?」と声をかけるも「私なんか……」と逃げられる方の姿がちらほら。ですので今回はオーナー様との写真掲載は断念することにしました。

 さらに女性の姿が多いのも特徴的。どうやらカップル、もしくは夫婦で参加されている方の割合が他の車種に比べて多い様子。中には「こっちが旦那のアバルトで、こっちが私のアバルト」という強者までいらっしゃいました。そんなアバルトの魅力を参加者に尋ねると「小粋」「走っていて楽しい」という言葉の他に「5ナンバーで使い勝手がイイ」「5ナンバーのMT車を探していたら、アバルトに出会った」という声を多く聞きました。

立体駐車場1階奥に並んだアバルトたち。グレー系の車両が目立つ

 色はイタリアのクルマだから、赤が多いのかと思いきや、グレーやガンメタが多い印象。またボンネットとボディー色を変えている方も多く見かけました。

アバルトはカスタマイズしても楽しいクルマ

参加されたオーナーの足元でよく見かけたOZホイール

参加車の中で不肖的にNo.1のカスタマイズだと感じたアバルト595

 アバルト595はFIAT500をベースとしたカスタマイズカー。ゆえにツルシの状態で乗られるオーナーが多いと思っていたのですが、意外にもカスタマイズ率が高いのも印象的。子細にみるとイタリアのホイールブランドOZを装着されている方が多く、個人的には白のアバルトにOZのラリーレーシングの組み合わせはイイかも、と思いました。

出展ブース全景

ブーストアップコントローラー

サスペンションなど

エクステリアなど

エクステリアなど

「A PIT AUTOBACS SHINONOME」(東京都江東区)の店舗内に誕生した、アバルトのカスタムショップ「La Buono コンシュルジュ TOKYO BAY」

 そんなアバルトですが、「A PIT AUTOBACS SHINONOME」ではチューニングを強力にプッシュ。10月1日に店舗内にアバルトのカスタムショップ「La Buono コンシュルジュ TOKYO BAY」をオープンさせたほか、今回のイベントでも数多くのサードパーティーの出展ブースが設けられました。ちなみにモーニングミーティングで、ここまで多くの出展ブースの姿を見るのも初めて。

HKSがアバルトチューン戦線に参戦!

HKSは現在アバルト用カスタマイズパーツとして、マフラー、サス、ブーストコントローラーをラインアップ!

 注目はHKS。チューニング界の雄である同社は、デモカーを導入して開発を開始しているというから驚きです。現在はブーストアップコントローラーとマフラー、サスペンションですが「今後、タービンにも手を出す予定」というから楽しみ。

不肖はサソリの毒にやられてしまったようです

 「5ナンバーサイズでMT車」というのは本当に少なくなりました。そして走って楽しいとなると、さらに少なくなります。アバルトを見ながら「確かに魅力的なパッケージングかもしれない」と思った不肖は、すでにサソリの毒に罹患してしまったのかもしれません。

 次回のモーニングミーティングは10月24日、テーマはBMWを予定しているとのこと。こちらもぜひチェックしてみてはいかがでしょう。オーナーでなくても見に行くだけでも楽しいですよ。

 それでは最後に、参加された(ほぼすべて)の車両をご紹介します。その数、100台以上! サソリの毒が当てられぬよう、ご注意ください。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ