このページの本文へ

+Style、4K解像度の超単焦点プロジェクター「XGIMI AURA」を11月下旬に販売開始

2021年10月21日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BBソフトサービスはプラススタイル事業(以下:+Style)において、ビーラボが販売する超単焦点プロジェクター「XGIMI AURA(エクスジミー オーラ)」を、+Style本店で10月21日より予約を受付、11月下旬に販売を開始すると発表した。

 本製品は4K解像度(3840×2160)の高画質を投影距離20cmから100インチ、投影距離40cmから150インチで投影可能な超単焦点プロジェクター。

 またDLPの0.47インチ DMDによるレーザー投射で高いコントラストを描き出し、明暗のメリハリあるダイナミックレンジの広い映像を出力できる「HDR10」コンテンツに対応しており、10bit出力により10億色の発色が可能でDCI-P3カバー率では80%を達成している。

 さらにXGIMI独自のイメージエンジン「X-VUE 2.0」を採用したことで、より高画質化を果たしたほか、フレーム補間技術「MEMC」による映像ブレの低減と、低遅延も実現。

 音質面でもHarman Kardonとの協業により、高音質な15Wスピーカーを4基搭載しており、DTS/Dolby Audioにも対応している。

 出力はBluetoothにより音声出入力デバイスやキーボード等と接続できるほか、HDMI 2.0端子は3基搭載。そのほかUSB 2.0を3基、有線LANも1基搭載し、Chromecastによるミラーリングなどが可能。

 製品サイズはおよそ幅606×奥行401×高さ139.5mmで、重さはおよそ11.1kg。価格は29万9860円。

 なお、「XGIMI AURA 発売記念Twitterキャンペーン」を10月21日~11月3日まで実施。+Style公式アカウントビーラボの公式アカウントをフォローして、キャンペーンツイートをリツイートすると、抽選で1名に+Style家電とXGIMIポータブルプロジェクターをプレゼントする。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン