「すし銚子丸」45周年! 本まぐろ大トロが特価、生サーモン大切りが登場と今だけお値打ちキャンペーン

文●ナベコ 編集●ASCII

2021年10月22日 16時00分

「さあ、おいしい舞台へ」

 ご馳走を食べたいと思った時になにが思い浮かぶでしょうか。私は真っ先に“お寿司”。ネタとシャリが美しく一体になったお寿司を想像するだけで胸が弾みます。今回はこだわりの握りたてお寿司が自慢の「すし銚子丸」のお値打ちキャンペーンを紹介。

関東で愛されるグルメ回転寿司「銚子丸」

千葉を中心に関東圏に店舗を展開

 関東にお住いの方にとってお馴染みの「すし銚子丸」は、東京、千葉、埼玉、神奈川に91店舗をかまえる“グルメ回転寿司“です。千葉で創業し、店名にあるように銚子港をはじめとした、各地で水揚げされた新鮮なネタを時期ごとに揃えます。

厨房を囲む作りの店内

職人さんがいる回転寿司

店舗でさばいた新鮮なネタ

 回転レーンが厨房を囲んでいて、職人さんがお寿司を握る様子が間近で見られるのが特徴。内装も凝っていてお店によっては生け簀があるなど雰囲気があります。上質感が楽しめつつ、一皿143円からと回転寿司ならではのお値打ち価格でお寿司が楽しめるのが魅力。

職人さんがお寿司を握る様子が目の前で見られる!

銚子丸のアニバーサリーイベント!
10月22日~お値打ちネタが登場

開催期間:10月22日~11月24日(水)予定
開催店舗:「すし銚子丸」「すし銚子丸 雅」

 そんな銚子丸が、創業45年目を迎えることを記念して「45th ANNIVERSARY創業祭」を10月22日から開催します。

 目玉は入れ替わりで登場するお値打ちネタ。人気の「オーロラサーモン」を通常の価格でネタを大きくするほか、人気の「本まぐろ大とろ」、「みやび鯛」をそれぞれ特別価格にて提供します。

期間限定、入れ替わりでお得ネタが登場

 アニバーサリーを記念して、お客さんへの日ごろの感謝を表し、赤字覚悟でお得感ある価格に設定したとのこと。銚子丸の本気が炸裂! 特別にいち早くいただいてきちゃいました!

●「オーロラサーモンでかネタ」2カン250円(店内税込275円)
※提供期間 10月22日~10月31日

 銚子丸で人気の「オーロラサーモン」が、通常より大きく切りつけた“でかネタ”として登場。お値段は据え置きです。

いつもより大きくて圧巻の迫力

 オーロラ輝く北極圏の海から生のまま空輸し、水揚げから36時間で日本に到着するオーロラサーモンは、冷たい海水でゆっくり成長するため、引き締まった身と、きめ細かい上品な脂肪のバランスの良さが特徴と言われています。

冷凍されていない“生”のサーモン!

 むほっと頬張ると、ツルッとした生の舌触りと弾力、そしてサーモンの旨み。サーモンというと脂が強いイメージがありますが、オーロラサーモンはベタッとしておらず健康的なおいしさです。おっきいのに、もたれる感じがしない。喉や口全体で味わうでかネタサーモン。ふふふ~、幸せです。

●「本まぐろ大とろ」1カン250円(店内税込275円)
※提供期間 11月1日~11月7日

 11月1日からの第2弾では本まぐろの大とろがお値打ち価格で登場。本まぐろは別名クロマグロとも言われ、脂のりがよく、まぐろの中でも最高級との呼び声が高いです。銚子丸では本まぐろの仕入れには特に力を入れていて、天然、養殖に関わらずその時期に良い品質があれば買い付けする、旬の時期に水揚げた本まぐろを確保するなど「うまい本まぐろ」にこだわっています。お客さんからも「銚子丸といったら本まぐろ」という声が聞かれるとか。

 そんな銚子丸自慢の本まぐろが、通常は2カン税別580円(税込638円)で提供しているところ、期間限定で1カン250円に。

脂の縞が美しい……!

気分が上がって、つい自撮りで記念撮影

 身の筋がきれい。美しく縞になっていますね。本まぐろは先ほどのサーモンとは違って、でかネタではなく通常の大きさ。ですが、それでもシャリを完全に覆っていて十分に大きく見えます。銚子丸のまぐろって大きいんですよね。

 あーんと頬張ると、笑みが出るおいしさ。舌の上で官能的にとろける脂……、イイ! 大トロの特徴である脂のとろとろとしたおいしさはもちろん、筋肉の旨みや弾力も感じられ、口に入れた瞬間に消えるのではなく最後まで旨みが増していくのがポイント。マジ、うまい。最高です。

●「みやび鯛」2カン300円(店内税込330円)
※11月8日~11月18日

 熊本・天草で育った「みやび鯛」も銚子丸の人気ネタ。通常2カン420円(税込462円)のところ期間限定で手に取りやすい価格に。

わさびが透ける透明感ある身質

 私は初めてお目見えしたのですが、みやび鯛は特に九州地方で認知度が高いブランド鯛で、成分でいうとアミノ酸の数値が天然鯛の約3倍。アミノ酸は「おいしさのバロメーター」とも言われていますから期待ができるわけです。

 ワクワクしながら食べてみると、なるほどプリプリ、ムッチリとした鯛のきめ細かい食感の良さはそのままに、旨みがしっかり濃い。鯛はものによって淡白なイメージがあるかもしれませんが、このみやび鯛は、金目鯛やクロムツなどを思わせる味の主張があります。お醤油は控えめにつけて、身の旨さを存分に舌で楽しむといいかも。

 「みやび鯛ってなに?」「ふつうの鯛となにが違うの?」と、これまで食べたことがなかった人もこの機会に試してみる価値があります!

いいとこどりの「劇団セット(感謝)」が発売

 「45th ANNIVERSARY創業祭」の期間中、銚子丸で人気のセットメニュー「劇団セット」も張り切った内容です。お得メニューを食べた後、何を頼もうか迷ってしまったらコレを選べば間違いなし。

●「劇団セット(感謝)」8種1160円(店内税込1276円)

 銚子丸のおいしい舞台に登場する看板役者(お寿司)たち。劇団セットは時期ごとにオススメネタを揃えていますが、アニバーサリーイベントに合わせて提供する「感謝」は、中とろ・ひらめ昆布巻にぎり・あわび・上赤身づけ・銚子つぶ貝・あん肝軍艦・赤海老・塩釜産本まぐろ使用とろたく中巻の8種を揃えた、銚子丸自慢のネタが一挙に楽しめる内容になっています。このセットだけでも満足できちゃいそうですよね。

「ポムポムプリン」ファンに嬉しい!
グッズがもらえるコラボフェア

 「45th ANNIVERSARY創業祭」の魅力はお寿司だけではありません。銚子丸では今年25周年となるサンリオのキャラ「ポムポムプリン」と初コラボレーション。来店した人へグッズを贈呈、アプリ会員へのプレゼント抽選キャンペーン、Twitterキャンペーンなど三段構えでお楽しみを用意。ポムポムプリンが好きな方や、ご家族と一緒に銚子丸を楽しみたい方にうれしい内容ですね。

●その1:2000円以上の利用でグッズがもらえる

 銚子丸×ポムポムプリンのオリジナル抗菌マルチケース2種を用意。銚子丸の創業日である11月2日から24日までの期間、銚子丸を利用したお客さんにお会計2000円(税抜)毎に先着でプレゼント。絵柄は期間で切り替わります(11月2日~11日第1弾、11月12日~24日第2弾)。

店舗の利用でグッズがもらえる
11月2日~11月11日の絵柄

11月12日~11月24日の絵柄

●その2:ピューロランドのチケットが368名に当たる

 銚子丸公式アプリに登録したお客さんを対象に、抽選で184組368名に「サンリオピューロランドぺアパスポート」をプレゼントするキャンペーンも開催されます。

公式アプリに登録すると抽選で当たる

 11月24日までに公式アプリに登録したユーザーが抽選の対象です。すでに登録済みの方も抽選の対象となります。

 銚子丸公式アプリ→https://introduction.bp-app.jp/choushimaru/

●その3:Twitterでグッズが当たる

Twitterキャンペーンも開催

 さらに、すし銚子丸の公式Twitterアカウント(@choushimaru_fan)において「銚子丸×ポムポムプリン オリジナル抗菌マルチケース(2種セット)」が抽選で45名様に当たるフォロー&リツイートキャンペーンが開催されます。当選すると、店舗の利用で贈呈されるグッズの2種の絵柄がセットでもらえます。キャンペーンの参加は、11月2日~11月8日23時59分まで。

銚子丸初心の人にもオススメの「スゴみ」が分かるネタ

 キャンペーンについて紹介してきましたが、そもそも銚子丸に行ったことがない方もいらっしゃるかと思います。関東圏にお住まいで“すし銚子丸”の黄色い看板を見たことはあるけれど、「他の回転寿司チェーンと何が違うの?」「どんなネタがおいしいのだろう」……と疑問だった方もいらっしゃるのではないかと。そんな方にも食べてほしい、銚子丸のスゴみがわかるネタを紹介します。

一皿130円~580円(店内税込143円~638円)

卓上のタブレットから注文できます

 新鮮なネタももちろんおいしいのですが、一つ一つ手仕事で仕上げた職人の技巧が光るお寿司を食べると、銚子丸のありがたみがわかります。特にオススメなのは、通年商品で人気の「金華しめさば炙り」「づけがき」

「金華しめさば炙り」180円(店内税込198円)

 宮城県産の金華さばを使用したしめさば炙りは銚子丸の名物。金華さばの中でも800gより大きく脂のりのよいものを選定し、塩をかける部位、量、時間、お酢の配合など、こだわりきって仕込みをしているとのこと。

「負けた」と思えるくらいおいしい

 とにかく脂のりと旨みが濃くてパワフル。酢でうまくしめていてくさみが気にならず、酢と塩が立ったシャリとよくあいます。炙っていて香り立ちもよく、お酒がほしくなっちゃいます。

 なお、銚子丸のシャリはネタを最も引き立てる“人肌”で出すことにもこだわりがあるそうですよ。お寿司を引き立てて、クチの中でパラリとほぐれます。

「づけがき」 420円(店内税込462円)

 づけがきも素晴らしくおいしいんです。特製のづけだれを使用し、漬け時間や寝かし時間にも銚子丸ならではのこだわりがあるというづけがき。ぷっくらと大きく、色気のある牡蠣に目を奪われちゃいます。口に含むとジュワッと牡蠣の滋味あるエキスが広がります。こちらもお酒がほしくなる!

記者は生牡蠣以上に好きかも

 どちらも、お酒が好きな記者の好みではあるため、やや偏っているかもしれませんが、言い表せないくらい感激を味わえたネタでした。回転寿司チェーンでこんなに手をかけているんだ……。鯖や牡蠣など、苦手でない人はぜひ銚子丸に行ったら頼んでみてください!

その時その時の“旬ネタ”がおいしい

日ごとにオススメのメニューが用意

 また、時期ごとに旬がおいしいのが魅力。定番ネタのほか、旬のネタを仕入れるため、月ごとにオススメのネタが変わります。さらに、驚いたことに日ごとに変わるオススメネタもあります。10月のとある日に私がチョイスしたのはこんな内容でした。

 10月上旬に訪れた時は旬の「金目鯛」や「シマアジ」がメニューにありました。その時ならではの貴重なネタが選べます。

生ビールはヱビス。524円(店内飲食576円)
※店舗により取り扱い銘柄は異なります。

千葉のヒゲタしょうゆが醸造する、オリジナルの醤油

「あら汁(中)」130円(店内税込143円)

 日々の鮮魚の「あら」を使用した「あら汁」は、魚だけではなくお野菜もたっぷり入っていてとっても具だくさん。中と大の2サイズでしたが、中でもボリュームがしっかりあって、お腹にたまりました。なんとあら汁は平日のランチタイムは無料。お野菜をしっかりいただきたい人にもオススメできます。

デザートのプリンもおいしい

 銚子丸はデザートも評判。特に「プリン」は創業当初と変わない門外不出の配合でファンが多いです。

「特製プリン」250円(店内税込275円)

 レトロ感あるかためのプリン。素朴ながらにカスタードの風味のよさが感じられ、それでいて甘さは控えめ。大人も食べ進めやすいと思います。喫茶店のプリンのような雰囲気でほっと安心できますよ。後を引かないのでお寿司のデザートにもちょうどいいです。

シコシコかためでおいしい

おいしい舞台へゴー!

 旬のネタや、江戸前の技が光る握りまで十分に楽しめる銚子丸。「45th ANNIVERSARY創業祭」は10月22日~11月24日の期間開催されますので、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか。いざ、おいしい役者(お寿司)たちに会いに銚子丸へ!

くつろげるテーブル席も用意しています

黄色い看板が目印

■関連サイト

(提供:すし銚子丸)

■関連記事