このページの本文へ

サードウェーブ、「AI・業務自動化展【秋】」でRPAツール「AutoMate」を紹介

2021年10月20日 13時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは10月27日~29日に幕張メッセにて開催される「AI・業務自動化展【秋】」に出展する。

 本イベントは、AIや、RPA・チャットボットなど業務自動化ソリューションが一堂に出展する専門展。同社は三和コムテックのブースで、海外で豊富な実績をもつRPA(Robotic Process Automation)「AutoMate(オートメイト)」を紹介する。

 RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を、人間に代わり実施するルールエンジンや、AI、機械学習等を含む認知技術を活用して代行・代替する取り組み。

 またAutoMateはHelpSytemsが開発したRPAツール。インターフェースもわかりやすく、ドラッグ&ドロップで簡単に開発可能。定型的な繰り返し作業、データの転記などの単純作業をロボットに覚えさせることで業務を大幅に改善できるとしている。

 イベント期間中は、AutoMateを導入することで、どのように作業の効率化が図れるかのデモ動画を見ることができる。

 会場は幕張メッセ3~6ホールで、開催時間は10時~17時。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ