このページの本文へ

「Canon Security Days 2021」

キヤノンMJのセキュリティーイベントが11月15日から開催、最新動向や次世代の対策を紹介

2021年10月18日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

11月15日~26日開催

 キヤノンマーケティングジャパンは11月15日~26日の期間、セキュリティーイベント「Canon Security Days 2021」をオンラインで開催する。

 本イベントでは、オンラインセミナーとバーチャル展示コーナーを設け、「生まれ変わる新時代 ワークスタイルの多様化を支えるセキュリティー」をテーマに、有識者が最新のサイバーセキュリティー動向や企業が備えるべき対策、あるべきセキュリティーの考え方について解説する。

 オンラインセミナーでは、内閣サイバーセキュリティセンターの吉川徹志氏やセキュリティー専門家の川口洋氏による基調講演や、著名なセキュリティーリサーチャーによるパネルディスカッションを実施。また、セキュリティーベンダーとしてのキヤノンMJの今後の展望や、ビジネスパートナーやセキュリティーエバンジェリストより、サイバーセキュリティーの最新動向や、ワークスタイルが多様化する中で必要とされるセキュリティー対策を講演する。

 バーチャル展示コーナーでは、ユーザーの関心が高い「エンドポイントセキュリティー」「働き方を支えるセキュリティー」「企業経営を支えるセキュリティー」の3つのテーマに関するブースを設け、これからの時代に必要となるセキュリティー対策に役立つ情報を紹介する予定。

カテゴリートップへ