このページの本文へ

iPhoneのスゴワザ! 第245回

iPhoneでOSの自動アップデートをオフにする方法

2021年10月18日 10時00分更新

文● 金子麟太郎 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最新のiOSにアップデートするのもいいですが、アップデート後に不具合が発生する事例や、以前よりも使いにくく感じることがあるなど、デメリットもあります。

 そんなときに役立つのが、iOSの自動アップデートをオフにする技。夜間に充電中に自動でアップデートされ、あとから気づいた……なんて経験、ありませんか? そんな失敗を防げます。

 設定方法は次の通りです。まず「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」の順に進みます。次に「自動アップデート」をタップし、最後に「iOS アップデートをダウンロード」と「iOS アップデートをインストール」をオフにすれば設定完了です。

 ちなみに、iOSをアップデートした後、アップデート前のバージョンに戻すことはできません。自動アップデートに頼るのもラクですが、周囲のiPhoneユーザーの反応や、不具合がないかなどを確認してから、手動でアップデートするのも良さそうです。

■関連サイト

筆者紹介:金子 麟太郎

 

 14歳の頃から、パソコンやタブレットで作曲する。CD制作にも取り組むうちに、機械にも興味を持ち、2016年(20歳)からITに関連する企業を取材し、記事を執筆する活動を始める。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中