このページの本文へ

A10ネットワークス、1.2Tbpsの防御性能を備えたDDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder 7655 TPS」

2021年10月11日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 A10ネットワークスは10月11日、1.2Tbpsの防御性能を備えたDDoS対策専用アプライアンス「A10 Thunder 7655 TPS」を2021第4四半期より日本市場で提供開始する。

 DDoS攻撃は年々規模や巧妙さが増しており、IoTボットネットの悪用や新たな反射増幅攻撃などにより1Tbpsの壁を超える規模の攻撃も発生。クラウドサービスがDDoS攻撃の標的となっていることから、サービス事業者は大規模・多彩なDDoS攻撃に対処するための防御基盤を必要としている。これに対し、A10ネットワークスでは高性能なDDoS防御を備えたDDoS対策専用アプライアンスを、機械学習とソフトウェアでのDDoS緩和を組み合わせたゼロデイ自動保護 (ZAP:Zero-day Automated Protection)機能とともに展開している。

 今回、サービス事業者を対象としたハイエンドモデルを拡充すべく、最大規模のDDoS攻撃を軽減して脅威規模に合わせて効率的にスケールアウトができる最高性能のモデルとしてA10 Thunder 7655 TPSを提供開始。A10 Thunder 7655 TPSは、1.5Uの筐体で最大1.2Tbpsの防御性能と380Gbpsのスクラビング(浄化)性能を備え、A10 Thunder TPSシリーズ用の最高性能のモデルという。

 2021年5月に標準化された通信プロトコルQUICプロトコルのDDoS防御に対応しており、従来のTCPとTLSの組み合わせと比べて安全で高速なインターネット接続を実現する。なお、QUICプロトコルのDDoS防御は、A10 Thunder 7655 TPSを含むすべての現行のA10 Thunder TPSシリーズ用ソフトウェアで実装されている。

カテゴリートップへ