このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

スピーディー末岡のドライビングプレジャー! 第16回

タイカン 4 クロスツーリスモの電力だけで生放送をやってみた

2021年10月16日 15時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まさに走る巨大モバイルバッテリー!
タイカンCTの電力で生放送できちゃった

 ポルシェのピュアEV「Taycan(タイカン)」の派生モデル「タイカン クロスツーリスモ」の日本発売が7月に発表になった。スポーツセダンのタイカンを、ツーリングワゴンのようなスタイリングにして車高を20mmアップ。走行モードに「グラベル」が加わるなどオフロード走行も視野にいれているというモデルだ。正確には悪路などで実力を発揮するクロスオーバーSUV、通称CUV(Crossover Utility Vehicle)に位置付けられる。詳細記事はすでに掲載しているので、そちらをご覧いただきたい(30分で80%充電も! ポルシェのEV「タイカンクロスツーリスモ」が日本初お披露目

 今回は「タイカンの電力で生放送をやってみたいんですが~!」という無茶すぎるお願いをポルシェジャパンに聞いていただき、まだ街中で見かけない「タイカン 4 クロスツーリスモ」(以下、タイカンCT)を貸していただいた。言っちゃなんだが、ある意味ネタ企画にOKをしてくれるポルシェさんの懐の広さよ……。もちろん、一般道と高速道路を走ったので、ちゃんとしたレビューも記事の後半に掲載する。なので、ぜひ最後まで読んでいただきたい。

 さて、タイカン クロスツーリスモはピュアEVなので、タイカンと同じく800Vバッテリーをフロアに搭載。ノーマルのタイカンではオプション扱いになる「パフォーマンスバッテリープラス」(総容量93.4kWh、420kW/571PS)が標準装備される(通常だと総容量79.2kWh、390kW/530PS)。航続距離はフル充電で最大430~450kmほど(様々な条件による)。

デザイン的にはフロントから後ろがタイカンと大きく違う

フロントマスクはタイカンと同じだが、リアはSUVのようなデザイン

 そんな大容量でハイパフォーマンスなバッテリーを積んだタイカンCT。豊富な電力を活かすべく、生放送用の機材としてノートPC、スマホ3台、カメラやマイクなどを持ち込んだ。USB端子はすべてType-C。ただし、PDには非対応なのでType-Cはあくまでも充電、もしくはApple CarPlay用でノートPCの充電はできず。その変わりシガーソケットにPD対応のカーチャージャーを装着。これでノートPCは問題ない。そしてサブカメラ用のiPhone 12 Pro Maxと、チャットなどで外部と連絡を撮るためのXperia 1 IIIをUSB Type-C端子に挿し、生放送に臨んだ。メインカメラとマイクはノートPCにUSB接続だ。

 ASCII.jpの生放送「スマホ総研定例会」は月曜日の20時からスタートだが、機材チェックや台本読みのため19時にZoomで集合するのがお約束。そのまま本番→ロスタイムも含めると21時に終了する。ということは、2時間の間、タイカンCTの電気を使いっぱなしということになる。これが内燃機関のクルマだと、外の気温にあわせてエアコンを入れたり、電源が切れないようにアイドリングさせて電源を供給しないといけない。長時間のアイドリングはマナー違反だし、筆者のクルマはそこそこエンジン音がするので近所迷惑である。なので、いつもはエンジンをかけなきゃいけない状況になるまではアイドリングはしないように調整している。

タイヤはミシュランのパイロットスポーツ4。フロントは245/45R20、リアは285/40R20

かなり巨大なハッチを装備する。ズッシリとした後ろ姿だ

 これだけの機材を接続し、エアコンオン、車内灯オン、オーディオはオフ、という状態で19時のリハがスタート。バッテリーの残量を見ると、45%(航続距離205km)だった。そして20時の本番開始の時点では43%(航続距離201km)。1時間で2%減ったことになる。この日の生放送はポルシェとXperiaという、筆者がついつい熱く語ってしまうテーマだったので通常20時半で終わるところ、20時45分まで延びてしまった。この番組終了時点でのバッテリー残量は42%(航続距離199kmであった。これは完全撤収の21時までも変わらずだったので、2時間で約3%(航続距離6km)減ったということになる。なお、バッテリーが100%からではないのは、日中に筆者が走り回ったからだ。

いつもやっている車内生配信のスタイル

ノートPCはPDF対応のカーチャージャーで充電

リハ開始時は航続距離205kmだった

 実際の生放送の様子は以下のアーカイブをご覧いただきたい。

 理想的にはポルシェのネットワークを使って通信もできればよかったのだが、まだ準備が整っていないということで今回は断念した。バッテリー容量が大きいため、このくらいの使い方ではほとんど減らない。インバーターなどを使って、家電を動かすのは余裕だろう。オフロード走行を想定しているため、キャンプ場などに乗り付けても車高は(ある程度は)気にならない。これならタイカンCTでオートキャンプなんて楽しそう。また、筆者のような電子デバイスを大量に身につけている者にとっても、充電端子の多さ、バッテリーの容量の多さは非常に魅力だった。

 今後はタイカンの電力を限界まで使う、なんて記事も考えている(また貸してもらえれば)。次のページからは試乗レポートや、ポルシェの急速充電を試した結果などをレポートする。

生放送開始直後は残り43%だった

番組終了時にチェックしたところ42%だった。あまり減っていないことに驚く

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ