このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第308回

山根博士のグロタブレビュー

国内発売も公表済! シャオミのハイスペックタブレット「Xiaomi Pad 5」グローバル版レビュー

2021年10月08日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シャオミ(Xiaomi)が9月に発表した「Xiaomi Pad 5」は11型ディスプレーを搭載する高性能なタブレットだ。海外ではすでに販売されており、一部の国ではキーボード付きのカバーやスタイラスも販売されている。今回はそのグローバルモデルをレビューしよう。なおグローバル版にも技適が確認できた。

Xiaomi Pad 5グローバル版とキーボードカバー、スタイラス

スナドラ800番台搭載、ディスプレーは11型のハイスペック

 Xiaomi Pad 5の主なスペックはチップセットがSnapdragon 860、メモリー6GB、ストレージは128GBまたは256GB。ディスプレーは液晶で11型(2560x1600ドット)。バッテリーは8720mAh、33Wの高速充電に対応する。なお中国では上位モデル「Xiaomi Pad 5 Pro」も発売されており、そちらには5G対応モデルもあるが、Xiaomi Pad 5は今のところWi-Fi版(Wi-Fi 5対応)のみ。

※初掲出時、ディスプレーサイズが間違っておりました。訂正してお詫びいたします。

11型ディスプレー搭載のXiaomi Pad 5

 本体はiPadに似たイメージで背面や側面をフラットにしたデザイン。背面はメタル調仕上げで高級感がある。カメラはXiaomiの他のスマートフォンに似た形状で、1300万画素カメラを1つ搭載する。なおカメラは2つあるように見えるが、片側はダミーで「13MP」の表記がされている。

高級感ある背面に見えるカメラは実は1つ

 タブレットながらもスピーカーを4つ搭載してるのが大きな特徴だ。本体側面を見ると、左右それぞれ2つずつのスピーカーユニットが見える。電源ボタンはフラットな形状だが指紋認証センサーは搭載していない。Xiaomi Pad 5が対応する生体認証はフロントカメラを使った顔認証だけだ。

右側面はUSB Type-C端子。スピーカーは左右に2つずつ合計4つ

左側面には電源ボタン。指紋認証センサーはなし

 本体上部は周辺機器用のアクセスコネクターが見える。上部にはボリュームボタンがあり、中央にはスタイラスを取り付けるマグネット端子が見える。また、本体下部にはキーボードカバー接続用の3PIN端子を備えている。

本体上部中央に見えるのはスタイラス充電用のマグネット

本体下部にはキーボードカバーとの接点がある

 本体サイズは254.7×166.3×6.9mm、重量は511g。同じディスプレーサイズの製品と比べると、アップルの「iPad Pro 11(2021年モデル)」、サムスンの「Galaxy Tab S7」いずれもが500gを切っているため、それらよりはやや重い。フロントカメラは本体を縦向きにしたときのディスプレー上部側に800万画素のものを内蔵する。

片手でも持てないことはない。縦位置だとフロントカメラで会議などがやりやすい

 ディスプレーのリフレッシュレートは120Hzに対応する。Widevine DRMはアプリで調べるとL1に対応しているので、一部のストリーミングサービスでHD画質の再生ができるようだ。

リフレッシュレートは120Hz / 60Hz切り替え(左)。Widevine DRM L1対応(右)

 タブレットは大画面を利用できるのがメリットだが、2つのアプリの利用も十分実用的だ。Xiaomi Pad 5で2つのアプリを起動してみたが十分文字が認識できるレベルで表示が可能。2つのアプリは横幅を変更可能で、「片方を狭く、もう片方を広く」したければ、2つのアプリの境界線部分を左右にドラッグすることで調整できる。

2つのアプリを同時に表示可能

 アプリの上にもう1つのアプリをフローティングウィンドウで表示できる。フローティングウィンドウは好きな位置に重ねて表示できるが、ウィンドウサイズは変更できない。また対応アプリは一部だけで、たとえばYouTubeは現時点で対応していなかった。

一部のアプリはフローティングウィンドウ対応

 OSはAndroid 11ベースのMIUI 12を搭載する。認証を見ると日本の技適を取得していた。すでにシャオミはSNSなどで日本への投入を公式表明しているが、現時点では日本モデルの仕様は不明だ。グローバルモデルがそのまま日本に投入される可能性もあるかもしれない。

MIUI 12を搭載(左)。グローバル版だが技適あり(右)

 ベンチマークはGeekbench 5のシングルコアが731、デュアルコアが2540。AnTuTu v9のスコアは509651という結果だった。

Geekbench 5のスコア(左)。AnTuTuのスコア(右)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン