• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

初心者向けの放送や人気ストリーマーのミラー配信も実施

CAGが全勝優勝! 賞金総額3200万円のR6S公式大会「RJL 2021」最終節レポート

2021年09月27日 00時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

「Rainbow Six Japan League 2021」最終節が開催

 9月25日、26日に、NTTドコモとユービーアイソフトが主催する「Rainbow Six Japan League 2021」の最終節が開催された。今回は無観客ではあるものの、オフラインで開催。25日は「Crest Gaming Lst」対「エヴァ:e」と「FAV gaming」対「NORTHEPTION」、26日は「GUTS Gaming」対「REJECT」と「Sengoku Gaming」対「CYCLOPS athlete gaming」が実施された。

 今回、「レインボーシックス シージ」のYouTubeTwitch」の日本公式チャンネルで本配信を配信するだけでなく、X-MOMENTのYouTubeの公式チャンネルでは、本作をあまりプレイしていなかったり、普段プロリーグを視聴していないなど、初心者向けの配信も実施。さらに、人気のストリーマーがミラー配信を実施するなど、様々な視聴方法を用意。

人気のストリーマーがミラー配信を実施

 ミラー配信を実施したストリーマーの中にはレインボーシックス シージについて詳しくない方もいて、ストリーマーと一緒になって本作がどういったゲームでどのように観戦すると楽しめるのかを模索しながらの視聴も楽しめた。

25日には釈迦さんのインタビューも

レポーターを担当した池田 ショコラさん

おなじくレポーターを担当した川瀬 もえさん

 さらに、25日は準備フェーズの、26日はラウンドによって片方のチームのボイスチャットが聞ける仕様に。日本トップクラスのチームでは、選手間でどのようなやり取りがなされているのかがわかるため、本作をプレイしている人ならたまらない時間だったのではないだろうか。

 X-MOMENTのレインボーシックス シージ部門は、1部・2部のリーグで構成され、今回のRJL 2021は1部リーグとなる。本大会の賞金総額は3200万円なのに加え、選手が大会の練習や準備に集中できるよう、各選手に保障として350万円の報酬が用意されているのも特徴となる。

「Rainbow Six Japan League 2021」の概要

優勝賞金は1500万円

 そのほか、サードウェーブのゲーミングパソコンブランド「GALLERIA」が協賛パートナーとして参加。会場では、Core i7とGeForce RTX 3070を搭載する「GALLERIA XA7C-R37」が使用されている。

会場では、協賛パートナーのGALLERIAのゲーミングパソコン「GALLERIA XA7C-R37」が採用されていた

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう