このページの本文へ

SKT、13.3型E Inkパネル搭載のセカンドディスプレー「Boox Mira」を発売

2021年09月24日 18時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ONYX Internatinalの正規代理店であるSKTは9月28日より、13.3型E Inkパネル搭載のセカンドディスプレー「Boox Mira」をSKTNETSHOPおよびYahoo!ショッピングで発売する。

 本製品はOnyx Internatinalが初めて開発したUSB Type-CとHDMIの2つの接続方式に対応したセカンドディスプレー。

 またパネル部分には、紙に近い特性をもつE Inkパネルを採用。バックライトのような光源を直接見つめなくてもいいので、デジタルコンテンツを快適に楽しめるという。

 さらにONYXのディスプレーテクノロジーにより高速動作と低遅延を実現。画面の動きに合わせてリフレッシュスピードを調整可能となっている。

 そのほか、折りたたみ式スタンド付き磁気保護カバーが付属。背面にVESAマウントで使用できる穴もあり、モニターアームに固定も可能となる。

 解像度は2200×1650で、重さはおよそ590g。実売価格は9万6800円前後の見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン