三井不動産、柏の葉キャンパス駅周辺にエッジAIカメラを29台導入

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 三井不動産と一般社団法人UDCKタウンマネジメントは9月21日、柏の葉キャンパス駅周辺にエッジAIカメラを29台導入。住民の安心・安全・快適な暮らしを提供する新たなエリアマネジメント活動を開始すると発表した。

 AIカメラはクリューシステムズが提供し、画像解析はニューラルポケットのAI画像解析技術を活用。AIカメラは、リアルタイムで多様な画像分析から分析結果に基づくアクションまでを新たなエリアマネジメント機能として実装しており、立ち入り検知などのほか、人流解析を9月から行なう。また、異常行動(倒れる、うずくまる、凶器所持など)に関しても2022年4月より導入(2022年3月までは試験期間として検証を実施)。
 

 撮影映像はカメラ内蔵のAIによって即時分析され即時破棄され、分析データは特定の個人を識別できないデータに加工しするため個人のプライバシーを侵害するようなデータは取得・保管しないのを特長とする。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月