このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

新しい主力機種「Kindle Paperwhite」発表、最上位Oasis譲りの機能を多数盛り込む

2021年09月21日 22時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Kindle Paperwhite Kidsモデル

 Amazonは9月21日、電子書籍端末Kindleシリーズの最新モデル「Kindle Paperwhite」(2021年モデル)シリーズの予約受付を開始した。価格は1万4980円(8GB、広告付き)から。発売は10月27日。

 Kinle Paperwhiteは2012年11月に国内販売。高解像度化、記憶容量を増やしたマンガモデルの投入、防水対応など進化を続けていた。E-Ink(電子ペーパー)を利用しており、紙のような読みごちの良さが特徴だ。新モデルではディスプレーや画質、高速なレスポンスなど要望を受けて改良を加えている。

Kindleの歴史

Kindle Paperwhiteの特徴

 今までにない進化として、シグニチャーエディション、キッズモデルを加えた3モデル展開する。いまのところWi-Fiモデルのみで、4Gモデルの展開は未定。

画面が大型化。ただし狭ベゼルのためサイズはそれほど大きくなっていない。

IPX8相当の防水機能を持つようになった。

 容量は8GB。画面が6.8インチ(300ppi)と13%大型化。同じフォントサイズであればより多くの文字を表示できる。最新E-Inkディスプレーを搭載し、ページ送りのレスポンスを20%高速化、色調調節ライト機能、最大設定で10%明るくなったディスプレーなどを搭載。1回のフル充電で最大10週間のバッテリー寿命をうたっている。

従来モデルと比較して1画面の情報量が増えた。反応も速く、一呼吸早く画面の表示が終わる。

コルクカバー5980円、レザーカバー4780円、ファブリックカバー 3680円も用意している。

 本体サイズは幅124×高さ174×厚さ11mm。大型化したが狭ベゼルでスッキリとしたフォルムにした。

上からスライドして出るUIから色調の変更などの設定を変えられる。

アンバー方向に調整したところ。間接照明の夜間などに適している。

 これまでは最上位のOasisのみが搭載していた色調調節ライトは24段階。明るい昼間は白色、夜のリビングではアンバーといった形で状況に合わせた色調が選べる。フロントライトのLED数は5個から17個に増やしている。一方でバッテリー容量は増やし、利用可能時間が大きく伸びた。IPX8等級の防水機能を持つ。水没も可能なので浴室やビーチといった水辺での利用時も安心だ。充電はUSB Type-C経由となった。広告付きモデルとWi-Fiモデルの2種類があり、価格は1万4980円/1万6980円。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン