このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第650回

これが凄い! 半年前に発売したモトローラ「razr 5G」を衝動買い

2021年09月16日 12時00分更新

文● T教授 撮影●T教授 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

半年前に発売されたCoolでLegacy、時代を超えた個性的デザインの折りたたみスマホ、モトローラ「razr 5G」を衝動買いしてしまった

 先日ベッドの中でスマホを見ていて寝落ちする寸前に、某社から来ていたセールスメールを見て驚いた。なんとモトローラ「razr 5G」の新品が“半額近い9万9800円”で売っているらしい。

 普通ならどんなシチュエーションでも“衝動買い”は一切否定しない筆者だが、布団の中からの“脊髄反射型衝動ポチ”は過去に何度か痛い目にあっている。今回はいつになく慎重になって、朝まで待ってから正しい大脳反射経路で速攻注文した。

 今回ご紹介するモトローラ「razr 5G」は海外では昨年9月に発表され、日本国内でも今年の3月に発売開始した折りたたみスマホだ。幸いにも衝動買いには新商品も旧商品も、ビンテージ品も中古も無関係だ。

 オマケにrazr 5Gは、今年の初めに知人から譲ってもらったSIMフリーの海外版を2、3日使ったことがあった。残念ながら海外製のeSIM設定が何度やってもうまくいかず、海外での生活の多い知人に売却した。なので真面目にrazr 5Gを使うのは、今回が初めてだ。

razr 5Gの超豪華なパッケージは折りたたみスマホの中でも一番だ

 デザインにこだわるrazr 5Gは、他社の高価な折りたたみスマホのパッケージより遥かに凄い。その外観は過去何百回も、JR富山駅を特急「はくたか」で通った時に見た、富山一高い“インテック本社ビル”に似ている。トランスルーセントなトップの曲面はrazr 5Gの曲線に近く、この部分はインテック本社ビルよりビューティフルだ。

 側面の固定シールをカットして大きな長いカバーを上方向に引き抜くと、ドッキングステーションのようなベースに鎮座したrazr 5G本体とケーブル、ACアダプターやイヤホンなどを収納した三角柱のパッケージが登場する。ドッキングステーションのようなスタンドは、音楽再生時のパッシブ拡声ボックスにもなるらしい。

パッケージを開くと、パッシブ音響ボックスにもなる専用スタンドに載ったrazr 5Gが登場する。周辺機器も豪華なボックスに入っている

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン