このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第154回

ゲームはもちろん、エンタメやビジネス作業でも大活躍するディスプレー

21:9の3K解像度で165Hz対応! 話題の34型湾曲ゲーミングモニター、ファーウェイ「HUAWEI MateView GT」レビュー

2021年09月15日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今やスマホやタブレットだけでなく、製品ジャンルがどんどん広がっているファーウェイ。今回取り上げるのは同社初投入となるディスプレーだ。3K解像度に165Hzリフレッシュレート、1500Rの曲率、ゲームアシスト機能といった魅力的な要素が詰まったゲーミングモニター「HUAWEI MateView GT」をレビューする。

ファーウェイから、ディスプレー製品が初登場。「HUAWEI MateView GT」は最大165Hzのリフレッシュレートに対応した本格的なゲーミングモニターだ

ゲームだけではなく、テレワークや動画視聴にも便利な
34型ワイドディスプレーがファーウェイから登場!

 多岐にわたるラインアップを持つファーウェイだが、この夏、ディスプレー製品の「HUAWEI MateView」シリーズが加わった。今回取り上げる「HUAWEI MateView GT」はゲームがメイン用途ではあるものの、それ以外の場面でも活躍してくれるモデルと言える。また、同時に発表された「HUAWEI MateView」は、単体ディスプレーではレアな縦横比3:2の28.2型4K液晶と個性的な製品が揃っている。

 そのHUAWEI MateView GTは、ゲームの楽しさを引き出すだけでなく、迫力の大画面で映画やスポーツ中継などのエンタメを楽しんだり、広々としたデスクトップでビジネス作業を効率的に進めたりといったことも可能な製品と言える。

 まずは、ディスプレーとしての基本スペックを見ていこう。画面サイズは34型。縦横比は21:9で、16:9の27型ディスプレーの両サイドを拡大したと言えば、サイズ感がつかみやすいだろう。画面解像度は3Kの3440×1440。このサイズでは2560×1080という製品が多いが、ワンランク上であることがわかる。パネルはVAで、視野角は178度だ。

 コントラスト比は4000:1で、輝度は350ニト。色域はDCI-P3で90%、sRGBでは100%をカバーし、10ビットカラーに対応している。目への負担を軽減している機能も特長で、低ブルーライトとフリッカーフリーでは、世界的な第三者試験認証機関であるテュフラインランドによる認証も取得しているという。

ブルーライト低減機能も搭載されている

 本機は最近増えてきた湾曲ディスプレーだが、曲率は1500Rと高めで人間の目の感覚により近くなっていることもHUAWEI MateView GTの大きな魅力だ。このカーブしたディスプレーは、34型という大画面と相まって、ユーザーの視界を緩やかに包み込んで高い没入感を提供する。ゲームはもちろん、動画視聴などにおいても快適な環境を実現している。

1800Rの製品もまだまだ多いなか、より人の視野に近い1500Rの曲率がうれしい

 映像入力端子はHDMI 2.0×2、DisplayPort 1.4×1、USB Type-C×1の4つ。USB Type-Cは、HUAWEI MateBookシリーズなど、DisplayPort出力対応のUSB Type-C端子を持ったノートPCと1本のケーブルで接続可能。音声出力端子としては3.5mmヘッドフォン端子が用意されている。

入力端子は4つ。2つあるType-C端子のうち、1つは135Wの電源入力専用。リフレッシュレート165Hz時はDisplayPortへの接続が必要(HDMI接続時は3440×1440/100Hzまで)

 HUAWEI MateView GTの本体サイズは約809×542×220mmとなっている。34型という画面サイズを聞くと非常に大きな本体を思い浮かべるかもしれないが、もちろんコンパクトとは言えないものの、1人暮らしの部屋に設置しても違和感のないサイズ感とも言える。なお、重量は約9.55kgとなっており、あまり機会は多くないかもしれないが、1人での移動も十分に可能である。

ワイドタイプの液晶なので34型という数字ほどの大きさではなく、多くの机で設置可能だろう

スタンドの上下高は110mm。チルトはマイナス5度~20度となっている

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店