ADATA/XPGが新製品発表会 日本未発売の本格15型ゲーミングノートや電源、DDR5メモリーなど

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ADATA Technologyは5日(現地時間)、「Xtreme Innovation」と題したオンライン発表会を開催。ADATAならびに同社のゲーミングブランド「XPG」の新製品を公表した。

ADATAではSD Express準拠のSDカードや
USB4接続の世界最速ポータブルストレージを紹介

 まず前半のADATAブランドでは、同社が強味とする新規格のストレージやメモリーを紹介。メモリーカードは、他社からもようやく製品が出始めた「SD Express」準拠のSDカード「ADATA SDXC Express」。SD ExpressはPCI Express 3.0/NVMe 1.3を用いており、ADATA SDXC Expressでは最大800MB/sの転送速度を実現。既存製品より8倍高速とする。

 また、USB4接続の外付けSSD「SE920」も登場。世界最速のポータブルストレージとアピールするSE920の最大転送速度は4000MB/sにまで達する。また、PCIe 4.0x4接続のM.2 SSDは「LEGEND 880」「LEGEND 840」の2製品で、シーケンシャルリードは最大7400MB/s。さらにDDR5メモリーのリリースも予告した。

日本未発売のXPGブランドのゲーミングノート新製品
80 PLUS Platinum認証取得の1300W電源も

 一方のXPGブランドでは、ADATAが得意とするストレージやメモリーはもちろん、ケースや電源といったPCパーツ、さらには日本ではまだ未発売であるもののゲーミングノートまでラインアップに加わる。

 ゲーミングノートで紹介されたのは、海外でも7月に発表されたばかりで今月発売予定の「XENIA 14」。970gと1kgを切る本体に、第11世代Core i7/i5や1920×1200ドットの14型液晶を搭載。メモリーやストレージはもちろんXPGの高速タイプで、さらにThunderbolt 4/USB4の端子も搭載されている。

 今回はさらに「XENIA 15」も登場。こちらはより本格的にゲーム用途に特化したマシンで、8コアのTiger Lake-HにGeForce RTX 3070、165Hzのリフレッシュレートに対応したQHD解像度の15.6型IPS液晶を搭載しながら、重量は2kgを切っている。

 PCパーツでは、まずDDR5メモリーは、ADATAブランドより高速で最大12600MT/sに達するDDR5-7400メモリーを予告。電源では80 PLUS Platinum認証を取得したという「XPG CYBERCORE PLATINUM」を発表している。850W/1000W/1300Wと3モデルが用意され、ファンには日本電産と共同開発した「XPG VENTO PRO 120 PWM」を採用している。

 最後はソフトウェアもアピール。キーボードやマウス、ヘッドフォンなど、LEDを内蔵したXPG製品のイルミネーションをカスタマイズしたり、マクロ機能などを統合して管理できる「XPG PRIME」のほか、eSportsの中でも特にFPSのトレーニング機能などを持つ「XPG GRIT」がクローズドベータに移行したことなどが紹介された。

 

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
06月
07月
08月
09月
12月
2019年
03月
04月
05月
06月
10月
12月
2018年
05月
06月
08月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
09月
11月
2016年
01月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2015年
07月
08月
2014年
04月
06月
07月
2013年
02月
03月
06月
2012年
09月
2010年
01月
2003年
07月