このページの本文へ

YouTube、クリエイターを支援する「YouTube ショート ファンド」を開始

2021年08月04日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 YouTubeは8月4日、同社ブログにて「YouTubeで収益をあげる様々な方法」と題した記事を公開した。

 本日より「YouTube ショート ファンド」がスタートしたことを受けたもの。YouTubeショート ファンドでは、毎月数千人のクリエイターを対象にしており、2021年から2022年にかけて1億ドルを提供する。クリエイターはYouTubeショートの視聴回数とエンゲージメントに基づいて100ドルから1万ドルの範囲の分配を受け取ることができる。ショート ファンドはYouTubeショートで収益化モデルを構築する最初のステップとして位置づけられており、YPP(YouTubeパートナープログラム)クリエイターだけでなく資格要件を満たすクリエイター全員が申請できる。

 同ブログではYouTubeでのクリエイターの成功をサポートするため、YouTubeにおける収益化の方法としてYouTubeショート ファンドのほか、広告YouTube Premiumチャンネル メンバーシップSuper ChatSuper StickerSuper Thanksグッズ紹介機能をそれぞれ紹介している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン