このページの本文へ

DNP、11.1kWの大電力に対応した薄型・軽量・低コストなワイヤレス充電用シート型コイルを開発

2021年08月04日 12時20分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 大日本印刷は8月4日、電気自動車やプラグインハイブリッド車等の電動車、無人搬送車に11.1kWの大電力に対応した、薄型・軽量・低コストなワイヤレス充電用シート型コイルを開発したと発表した。

 同社のエレクトロニクス部門の事業で長年培った知見を活かしたコイル設計技術・製造技術により開発された本製品。

 特長として、送電側と受電側の両方のワイヤレス充電システムに対応しているほか、同社独自のコイル設計技術により、コイルの外側に発生する漏洩磁界を低減し、発する熱の低減や平均化も実現することによって、大電力の伝送を可能としている。

 また電動車向けのフェライトを含めたコイルの厚さはおよそ3mm、重量はおよそ1kgで、リッツ線を用いた同仕様の既存製品の厚さおよそ12mm、重量およそ4kg以上と比べて、厚さ・重量ともに約4分の1と、大幅な薄型化・軽量化を実現している。

 さらには使用する材料も削減できるため、既存製品と比べてコストを低減することが可能だという。

 今後、同社は今回開発した大電力対応ワイヤレス充電用シート型コイルの早期の製品化を推進し、2025年までに年間50億円の売上を目指すとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン