このページの本文へ

省スペースでこれからPCゲームを始めたい人にもオススメ!

RTX 3050 Ti&144Hz液晶で14万円台、約2.0kgの薄型軽量ボディーでゲームはもちろん仕事にも使える15.6型ノートPC「GALLERIA RL5C-R35T」

2021年07月31日 13時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「GALLERIA RL5C-R35T」

 PCゲームを始める場合、まずデスクトップパソコンかノートパソコンで迷う。パソコンにディスプレー、キーボード、マウスなどをすべて設置できるスペースがあれば、デスクトップでも問題ないが、なるべく省スペースでゲームを楽しみたい場合は、ノート型がオススメだ。

 加えて、ゲームだけでなく会社で使う、大学に持って行ってレポート作成などに使うなど、様々な用途で利用したい、友人宅に持って行って一緒にPCゲームを楽しみたいという人は、ゲーミングノートパソコンが最適となる。ゲーミングデスクトップとスタンダードノートを一気に手に入れられる予算があれば問題ないが、ゲーミングノートパソコンであればすべてを1台でこなせるため、出費も抑えられる。

 ひと昔前までのゲーミングノートパソコンは、冷却性能を保つためにヘビー級のサイズの筐体がほとんどだった。しかし最近ではパーツもエアフローも進化し、薄型軽量のボディーでも快適にゲームプレイできる性能を持つ製品も増えてきた。

 今回紹介する、サードウェーブのゲーミングパソコンブランド「GALLERIA」の15.6型ノートパソコン「GALLERIA RL5C-R35T」もその1つ。Core i5-11400HとGeForce RTX 3050 Tiを搭載し、価格は14万9980円から。ディスプレーも144Hzに対応し、FPSもしっかり遊ぶことが可能なのも特徴となっている。

 今回は、GALLERIA RL5C-R35Tの外観や使い勝手について紹介したい。

厚さおよそ20mmで重さ約2.0kg、持ち運びも視野に入る薄型軽量ボディー

厚さおよそ20.0mmと薄型なので、カバンに入れて持ち運んでもあまりかさばらない

 GALLERIA RL5C-R35Tのサイズはおよそ幅360×奥行244×高さ20.0mmで、重さは約2.0kg。ゲームができる性能ながら、スタンダードなノートパソコンとほぼ同じくらいで、大き目のリュックであれば問題なく持ち運べるサイズ感になっている。

 筐体は若干暗めのシルバーで、天板にGALLERIAのロゴがプリントされているものの、とてもシンプルで会社や大学に持って行ってもまったく違和感のないデザインだ。薄型軽量で、GALLERIAをしらない人からするとゲーミングパソコンとは思われないくらいスタイリッシュな筐体となっている。

天板はGALLERIAのロゴがプリントされているものの全体的にデザインはシンプル

 また、スタイリッシュさはベゼルの狭さにも起因する。上と左右のベゼルはかなり狭く、下が3辺に比べて若干厚いものの、一般的なパソコンとしてはスタンダードな幅だ。この狭ベゼルにより、デザイン性に加え、映像への没入感も高くなっている。

左右と上の3辺のベゼルはとても狭い

ベゼル上部にはウェブカメラも内蔵し、オンライン会議・授業もOK

 先述したがリフレッシュレートが144Hzなので、60Hzのディスプレーと比べてより滑らかな映像でゲームが楽しめる。加えて、ノングレアパネルなので映り込みが少なく目が疲れにくい。長時間のゲームプレイや仕事をしたい人にとってはうれしいポイントだろう。

 キーボードはテンキー付きのタイプながら、文字キーの右下あたりは若干狭くなっているものの基本的にはタイピングしやすい大きさだと感じる。加えて、左シフト周辺のアクションやFPSでよく使うキーの大きさはしっかりと確保されているため、ゲームプレイは快適。

キーボードは打鍵感もちょうどよく、ゲームもプレイしやすい

LEDバックライトも内蔵

 押下感は深すぎず浅すぎずといった感じではあるものの、しっかりと押した感はあるので、ゲームがやりにくいということは一切なかった。加えて、メカニカルではないので打鍵音は静かで、タイピングしても周囲に迷惑にならないのも、ゲームだけでなく仕事などでも使うさいにはありがたい。

 インターフェースは、右側にUSB 3.1 Gen1×2、SDカードリーダーを、左側にUSB 2.0、マイク入力、ヘッドフォン出力を、背面にUSB 3.1 Gen2 Type-C、HDMI 2.1、有線LAN端子を配置している。

右側にUSB 3.1 Gen1×2、SDカードリーダーを備える

左側にUSB 2.0、マイク入力、ヘッドフォン出力を配置

背面にUSB 3.1 Gen2 Type-C、HDMI 2.1、有線LAN端子がある

 USB Type-A端子が左右にあり、有線LANやHDMIが背面にあるためケーブルが絡まってゲームしづらいということもない。無線LANはWi-Fi 6なので、対応ゲーミングルーターなどがあれば無線でも安定した通信でゲームプレイが可能だ。

ゲームを始めたいけど予算や設置スペースを抑えたい人に最適

 GALLERIA RL5C-R35Tは、薄型軽量で持ち運びも視野に入り、ゲームだけでなく仕事にも存分に活かせる筐体となっている。加えて、144Hzのリフレッシュレートに対応するディスプレーや、GeForce RTX 3050 Tiを採用するなど、ガッツリゲームプレイできる性能もしっかりと搭載している。

 ゲームでも仕事でも使うノートパソコンがほしい人や、デスクトップを置くスペースがないけどPCゲームを遊びたいという人は、GALLERIA RL5C-R35Tを検討してみてはいかがだろうか。価格も15万円以下と、ゲーミングパソコンとしてはリーズナブルなので、価格を抑えてPCゲームをプレイする用のマシンをゲットしたいという人にもオススメだ。

GALLERIA RL5C-R35Tの主なスペック
CPU Core i5-11400H(2.7~4.5GHz)、6コア/12スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3050 Ti
メモリー 16GB
ストレージ 512GB SSD(NVMe対応)
ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア、144Hz
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(2.5GHz Ethernet対応)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.1
インターフェース USB 3.1 Gen1×2、USB 2.0、USB 3.1 Gen2 Type-C、マイク入力、ヘッドフォン出力、HDMI 2.1、有線LAN端子、SDカードリーダー
サイズ/重量 およそ幅360×奥行244×高さ20.0/約2.0kg
OS Windows 10 Home(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ