NECプラットフォームズとNECキャピタルソリューションが共同で甲府事業所に太陽光発電システムを導入

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECプラットフォームズとNECキャピタルソリューションは7月29日、太陽光オンサイトエネルギーサービス契約を締結し、NECプラットフォームズの甲府事業所に太陽光発電システムを導入したと発表した。稼働開始は8月を予定している。

 今回導入した太陽光発電システムは、太陽光パネルを敷地内にある工場棟など6ヵ所の屋根に設置し、総出力が1158kWで年間1396Mwhの発電量を見込んでいる。これにより甲府事業所は、消費電力のおよそ14%を再生可能エネルギーに置き換え、一般家庭およそ233世帯の年間排出量に相当するCO2およそ653tを削減する予定とのこと。

 なおNECプラットフォームズは今後、那須事業所や掛川事業所などにも太陽光発電システムを順次展開していく予定と述べている。

過去記事アーカイブ

2021年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
2020年
10月
12月