このページの本文へ

4〜6月期としては過去最高益

アップル、第3四半期の業績を発表。iPhoneの売上は1.5倍に

2021年07月28日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アップル公式サイトより

 アップルは7月27日、2021年第3四半期の業績を発表した。売上高は4〜6月期としては過去最高となる814億ドルを記録し、前年同期比では36%増加した。当四半期の希薄化後の1株当たり利益は1.30ドル。

 4~6月期において、各販売地域で過去最高の売上を達成し、それぞれの製品カテゴリーで2桁成長を遂げた。さらに、アクティブデバイスのインストール台数が過去最高を更新した。

 商品別の売上は、iPhoneが395億7000万ドル(前年同期比およそ50%増)、Macが82億3500万ドル(前年同期比およそ16%増)、iPadが73億6800万ドル(前年同期比およそ12%増)。ウェアラブル・ホームデバイス・アクセサリーはおよそ36%増の87億7500万ドル、サービス分野ではおよそ33%増の174億8600ドルだった。

 当四半期、営業キャッシュフローは210億ドルとなり、株主に還元した金額はおよそ290億ドルに上った。取締役会は、同社の普通株式1株につき0.22ドルの現金配当を宣言している。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中