企業のDXに貢献

Dropbox、日本法人新社長に元日本MS 執行役員の梅田成二氏が就任

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

梅田成二氏

 Dropbox Japanは7月27日、同社の代表取締役社長に梅田成二氏が就任したと発表した。なお、およそ4年間、Dropbox Japanの代表取締役社長およびアジア太平洋統括を務めた五十嵐光喜氏はすでに同職を退いている。

 梅田氏はDropbox Japanへの入社以前、アドビや日本マイクロソフトでクラウドやデバイスの事業に携わっていた。直近では日本マイクロソフト執行役員デバイスパートナーソリューション事業本部長として、パートナー企業とともにモダンPCの普及拡大に努め、コロナ禍における企業のテレワーク促進に貢献した。

 今後、梅田氏は軸足をクラウドサービスに移し、Dropboxの日本における事業責任者として、企業に向けたDropboxの導入をさらに加速させることで、企業のデジタルトランスフォーメーションを進めていく。

 梅田氏は「Dropboxは昨年、クラウド電子署名ソリューションであるHelloSignの提供を開始し、文章共有・追跡プラットフォームDocSendも買収するなど、企業利用により便利な機能を追加しているが、まだまだ伸びしろがある。前職でパートナービジネスを成長させてきた経験を活かして、まずはビジネスを継続的に発展させるとともに、日本企業の競争力強化に貢献したい」と話している。

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2021年
03月
04月
05月
07月
08月
09月
2020年
03月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2019年
03月
04月
06月
08月
10月
11月
2018年
01月
03月
05月
08月
11月
2017年
03月
10月
2016年
01月
04月
2015年
02月
04月
07月
10月
2014年
08月
11月
2013年
11月