このページの本文へ

これからのネットでVPNが必要になってくる理由

2021年07月30日 09時00分更新

文● せきゅラボ編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これからの社会はますますオンラインになる

 東京で開催されている世界的なスポーツイベントが盛り上がっている。もともとは、海外からの旅行者が多数訪れることを見込んでいた。そのため、東京では5Gの普及や、駅やカフェなどで無料Wi-Fiスポットの整備などが進むことになった。

 また、日本では、働き方改革の推進などに伴い、さまざまなワークスタイルが世の中に浸透し始めている。これから感染対策が進み、事態が収束していけば、社外での仕事や、喫茶店などでの作業時に、無料Wi-Fiスポットを今以上に利用することも考えられるだろう。

 我々の生活は以前とは大きく変わってきている。とくに、“オンライン”でいることが増えた。仕事はもちろん、SNS、コンテンツの視聴、ネットショッピングと、スマートフォンやPCの利用で日常的にオンラインとなっている。

 となれば、これからの社会においては、外出先でもオンラインになる可能性が増えてくることを考えたほうがいい。5Gの普及はその追い風になるだろう。一方で、Wi-Fiスポットを活用する機会もますます増えていきそうだ。

 しかし、保護されていないWi-Fiスポットは危険だ。クレジットカード情報などを含む個人情報を盗み取るために、意図的にセキュリティをかけずに解放されている可能性がある。

 カフェなどの無料Wi-Fiスポットでは、暗号化キーが店内などに掲示されているケースがある。この場合、悪意のある人間が、特殊なツールを使って、同じ暗号化キーを使っているユーザーのWi-Fiを盗聴するようなおそれもあるので、警戒したい。

 一方、Wi-Fiスポットの利用はしていなくとも、広告主による追跡や、オンラインでの行動の監視が心配だという場合もある。これからの時代、ネットを活用していく上で、プライバシーを守るために必要になってくるものはなんだろうか。

VPNは安心できるものを使おう

 近年、個人ユーザーがオンラインの安全を確保するサービスとして、注目されているのがVPNだ。「Virtual Private Network」(仮想プライベートネットワーク)の略称で、データを暗号化して、安全な通信ルートを確保する技術だ。

 デバイスとアクセスポイントの間の通信を暗号化するので、傍受されたとしても、サイバー犯罪者は解読できなくなる。今後、外に出る機会が増えてくれば、自分自身の個人情報などを守るために、より必要性を増していくだろう。

 VPNには、有料の製品版はもちろんのこと、無料アプリも存在する。すべてが危険とは言い切れない。一部の無料VPNツールには、デバイスの情報を危険にさらす可能性のあるマルウェアのみならず、ユーザーのデバイスからデータを盗むものさえ含まれているという報告もあるので、注意しよう。

 有料版のアプリを選ぶことで、安定した機能が期待できる。たとえば、マカフィーではVPNサービス「McAfee Safe Connect」を提供している。

 VPNに限らず、スマートフォンやタブレットには、危険なアプリをダウンロードしたくないものだ。まず、公式のアプリストアを利用する(非公式のアプリマーケットは利用を控える)のは基本。不自然なアプリの名称、詳しくないアプリの説明、ユーザーレビューがない……といった、疑わしく感じる要素があるなら、ダウンロードを控えたほうが安全だ。

 VPNの利用も大事だが、大前提として、スマートフォンやタブレットには、信頼のおけるセキュリティソフトをインストールしておきたい。また、アプリをダウンロードしたあとも、そのままにせず、アップデートを忘れないのが肝心だ。

 今回は、McAfee Blogの「プライバシーを守るには? プライベートブラウズ vs VPN」を紹介しよう。(せきゅラボ)

※以下はMcAfee Blogからの転載となります。

プライバシーを守るには?
プライベートブラウズ vs VPN:McAfee Blog

 人々はニュースや難解な問題の答えを求めて、インターネットを利用しています。今や親しい友人や家族よりも、インターネットのほうが個人の情報を熟知しています。個人的な事柄について、答えを求めてインターネットにアクセスすれば、自分の大切な秘密を検索エンジンに共有することになります。個人的な情報を見ず知らずの人に共有して満足する人がいる一方で、個人情報保護のためにプライベートブラウズ(シークレットモード)を利用し始めている人もいます。

 しかし、実際はシークレットモードは、一般的に考えられているような機能を有しているわけではありません。利用するブラウザーにもよりますが、シークレットウィンドウを開くと、「シークレット モードです」、“You’ve gone incognito.” などと表示されます。その下に書かれた説明によれば、閲覧履歴、ウェブサイトの訪問履歴、Cookie、フォームに入力した情報などは保存されないようです。これが混乱を招いているのです。

 説明では触れられていませんが、シークレットモードを利用している間ずっと自分の閲覧情報が、広告主からブロックされたり隠されたりするわけではありません。閲覧情報はデバイスに「保存されない」のですが、ウィンドウを閉じた後には利用できるので、つまり、セッション中にあなたがしていたことの全てを、インターネットに見られてしまうのを防いでくれるわけではないのです。自分の閲覧履歴を覗き見されないため、VPN(Virtual Private Network)を利用する人が増えています。VPNとは何か、どのように機能するのか、そしてプライベートブラウズよりもVPNを選ぶべき理由についてお伝えします。

VPN(Virtual Private Network)とは?


 VPNはあなただけがアクセスできる安全なトンネルのように、インターネット接続を包み隠してデバイスを保護します。その結果、どんなサイトを閲覧しているか、詮索好きな広告主や他人に知られることはありません。安全なインターネット接続によって、すべての検索、すべてのウェブサイトの閲覧を隠します。ここで重要なことは、VPNはあなたを匿名にするのではなく、オンライン上での行動を自分しか見られないようにするという点です。VPNについては、こちらのブログ記事で詳しく紹介しています。

シークレットモードとは?

 シークレットモードは、ブラウザーのウィンドウを独立させて開くことで機能します。他のブラウザタブやウィンドウとは別に、この独立したウィンドウが、あたかも別のデバイス上で利用されているかのように表示します。シークレットモードの使用によって、広告主が追跡に利用するCookieと閲覧履歴は削除されますが、ただそれだけです。

 シークレットモードの利用中にブラウザーのCookieを確認すれば、通常のブラウジングと同じようにCookieを取得していることがわかります。シークレットモードはウィンドウを閉じた時にCookieが削除されるという点では素晴らしいのですが、それではブラウジング中は役に立ちません。広告主は、あなたがどのサイトを閲覧しているかを把握して、それに合わせた広告を表示することができます。

VPNとプライベートブラウズの違いとは?

VPN
・インターネット接続を暗号化
・ブラウジング中の覗き見を防ぐ
・検索を隠す
・個人情報を守る
・複数のデバイスを保護する
・さまざまなオンライントラッキングをブロックする

プライベートブラウズ
・閲覧の終了時に個人情報を削除する
・1つのウィンドウでのみ機能する
・デバイスを共有したユーザーからインターネット上の行動を隠すことができる

なぜVPNを使うのか?

 VPNの代わりにシークレットモードを使うということは、到底お勧めできません。シークレットモードは、オンラインセキュリティーのtoolkitとして優れた点もありますが、他のタイプのプロテクションの代わりになるものではありません。例えば図書館などで見知らぬ人と同じデバイスを使用する場合や、家族とデバイスを共有する時に利用しましょう。そうすれば、書斎用に買った新しいテレビの値段を、パートナーにうっかり知られてしまうということもありません。

 広告主による追跡や、オンラインでの行動の監視が心配な場合は、プライバシーを守るためVPNの使用を検討すべきでしょう。

VPNによる保護

 すでにマカフィー・トータルプロテクションを利用されている場合は、無制限でVPNをご利用いただけます。マカフィー・トータルプロテクションのVPNを使い、銀行やクレジットカードに関する個人情報を覗かれることがないよう保護しましょう。まだご登録されていない場合は、この機会にマカフィー・トータルプロテクションの利用をご検討ください。お使いのすべての対象デバイスにセキュリティーを提供し、安心してサイト閲覧、オンラインショッピング、オンラインバンキングをご利用いただくことができます。

最新の状態を維持

 日々のニュースからの情報収集は重要です。またデジタルの安全性を維持するための情報やマカフィー製品に関する最新情報、および最新の消費者向けおよびモバイルセキュリティーの脅威に関する最新情報を入手するには、Twitterで@McAfee_Home(US)または@McAfee_JP_Sec(日本)をフォローし、ポッドキャストHackableをお聞きください。

※本ページの内容は2021年5月26日(US時間)更新の以下のMcAfee Blogの内容です。
原文:Private browsing vs VPN – Which one is more private?
著者:Baker Nanduru

※本記事はアスキーとマカフィーのコラボレーションサイト「せきゅラボ」への掲載用に過去のMcAfee Blogの人気エントリーを編集して紹介する記事です。

■関連サイト

カテゴリートップへ

マカフィーは大切なものを守ります。