このページの本文へ

YouTubeクリエイターの新たな収益源「Super Thanks(スーパーサンクス)」スタート

2021年07月26日 11時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 YouTubeは7月21日、YouTubeクリエイターの新たな収益源として「Super Thanks(スーパーサンクス)」を追加したことを同社公式ブログにて発表した。

 日本を含む68ヵ国でデスクトップおよびスマホ(Android/iOS)でベータ版として提供を開始した。YouTubeではこれまでも、広告の掲載や商品の販売からチャンネルメンバーシップまで、クリエイターが収益を得られるようにさまざまな方法を用意しており、近年ではユーザーがお気に入りのYouTubeチャンネルを拍手で応援できる機能の試験運用(英語)を行なっていた。今回、クリエイターからのフィードバックをもとに、その機能をより多くのクリエイターと視聴者が利用できるように拡張して提供するもの。

 Super Thanksを購入するとアニメーションGIFが追加で表示され、購入したことを示す特徴的でカラフルなコメントが表示され、クリエイターはこのコメントに返信することができる。現在、Super Thanksは200円から5000円までの4段階の金額が設定されており、従来の収益化手段である「Super Chat」や「Super Stickers」と同様にクリエイターとファンの有意義な関係を保ち、新たな収益化の手段となるとしている。

 YouTubeではこの1年間、クリエイターと連携してベータ版のテストを行なってフィードバックを収集。実際にSuper Thanksのベータ版テスト期間中、YouTubeクリエイターのNicholas Ashbaugh氏は、新機能を利用して自身のチャンネルに訪れる視聴者の中からファンを見つけて関係を強めることにより新たな収益源を確保し、今ではSuper Thanksから生まれる収益は、全体収益の15%近くを占めるという。

 Super Thanksの機能は、年内にはYouTubeパートナー プログラムに参加している利用資格を満たす全てのクリエイターに対して拡張される予定。一部のクリエイターはSuper Thanksが利用可能で、早期アクセスを利用できるかについてはこちらで確認できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン