このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

Apple M1搭載で大幅性能アップの「iPad Pro」&カラフル7色「iMac」特集 第39回

次期OSが登場する前にiPadとMacの連係技を棚卸しておこう

今すぐ使える! iPadとMacの便利な連係技6選

2021年07月25日 12時00分更新

文● 柴田文彦 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年のアップルのWWDCのキーノートでは、iOS、iPadOS、macOSといった個々のOSの新機能が発表された。それだけでなく、各OS間の連係機能の向上も強調されていた。そうした機能は、1組のキーボードとマウスで、MacとiPadを自在に行き来しながら操作する「ユニバーサルコントロール」に代表される。とはいえ、そのような連係機能も、新しいOSによって突如として可能になるわけではない。

 むしろ、これまでに徐々に実現されてきた多くの連係機能の集大成とも言えるものだ。新しい連係機能も、これまでのものを使いこなせないと、十分に活用するのが難しいかもしれない。

 そこでこの記事では、macOS MontereyやiPadOS 15といった新しいOSが登場する前に、今使える連係機能を確認する。検証に使用したのは、iMac 24インチモデルとM1を搭載したiPad Proだ。

iPadとMacの連係技のいろいろ

 iPadやiPhoneとMacの連係機能と一口に言っても、すぐにスラスラと全部を挙げきれないほど数も多く、種類もさまざまだ。ものによっては、連係機能の1つに数えるべきか迷うものもあるだろう。例えばiCloudによるファイル共有機能や、その他のさまざまなサービスは、連係機能の一種と考えられなくもないし、実際に使用頻度もかなり高いはず。しかし、たとえばiCloudドライブによる共有機能は、他社のサービスによっても同じようなことが実現可能だ。また、その他のサービスも、アプリごとのデータの同期など、特に操作することなく実現できるような、ユーザーから見て透明な機能が多い。

 そこでここでは、iCloud関連のものは基本的に除外する方針とする。手元にアップル製のデバイスが複数台存在するときに有効になるものを中心に取り上げる。ただし、そうした機能も、ほとんどはiCloudに共通のアカウントでログインしている場合に有効となる。つまり、iCloud関係は除外すると言っても、厳密に除外すればほとんど何も残らなくなってしまう。ここではiCloudアカウントにログインが必要な機能は、iCloud関連だからといって除外しない。

 一方、iPadに限って言えば、それほど利用頻度が高くないとしても、MacとiPhoneの連係では非常に便利に使えるInstant Hotspotについても特には取り上げない。いまさら言うまでもないが、Instant Hotspotは一般的なワイヤレステザリング機能に比べて非常に便利に使える。iPhone側でWi-FiのSSIDやパスワードも含めていろいろと設定したり、Mac側では、そのSSIDを探して設定したパスワードを入力したりする手間もいっさいない。これも、iCloudに共通アカウントでログインしていることが条件だが、必要な機能が、使いたいときにはいつの間にかそこにあるという、シームレスな連係機能の1つと言える。

 同様に、iPhoneのSMSや通話機能を、Macも含めたほとんどのアップル製デバイスで共有できる機能も、この記事では扱わない。これだけ除外しても、残る機能は数多い。これから取り上げる機能を順番に挙げておこう。

●今回紹介する連係技
・Sidecar
・連係スケッチ
・連係マークアップ
・連係カメラ
・Handoff
・AirDrop

 Sidecarをはじめ、日本語版での正式な呼び方が英語のままのものが3つ、名前に「連係」と入っているものが3つの合計6種類を選んだ。機能が存在することは知っていたとしても、実際に使ったことがなかったり、どうやって起動するのか、即座には思い出せないものもあるかもしれない。以下、言葉による説明だけではわかりにくいの、画面を確認しながら見ていこう。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中