このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第135回

局地的な大雨、AIで予測精度上げる研究進む-倶楽部情報局

2021年07月23日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「局地的な大雨、AIで予測精度上げる研究進む」を紹介します。


 西日本の大雨のニュースを目にすると、いつも少し気持ちがざわつく。

 親戚の家族が、小さな里山の斜面に広がる集落で暮らしているからだ。

 7月8日夕方のNHKの報道によれば、静岡県熱海市で起きた土石流で7人が亡くなり、22人が行方不明のままだ。

 梅雨や台風の季節になると、日本のどこかで大雨による水害や土砂災害の死者・行方不明者が出るようになり、個人として、地震や津波だけでなく大雨にも備えるべき時代に入っている。

 局地的な大雨の予測の精度を高め、必要な情報をタイムリーに届ける努力も続く。

 気象庁は2030年までに予測の精度を大きく向上させるとして、人工知能(AI)を活用する研究を進めている。

線状降水帯と「顕著な大雨に関する情報」

 最近、ニュースで耳にするようになった気象関連の新しい言葉として、「線状降水帯」と「顕著な大雨に関する情報」が挙げられる。

 「顕著な大雨に関する情報」は2021年6月17日に気象庁が運用を始めたばかりの、新しい気象関連の情報だ。

 雨量や雨雲の形などから、短い時間で集中的な豪雨をもたらす「線状降水帯」が発生したと判断できる場合、「顕著な大雨に関する情報」を出す。

 ポイントは、線状降水帯の発生は現時点で予測が困難な点だ。

 発生のメカニズムには未解明な点が多く、予測が困難な以上、「顕著な大雨に関する情報」が出た時点で、身の回りに危機が迫っていることを理解する必要がありそうだ。

 「顕著な大雨に関する情報」について解説する気象庁のウェブサイトには、次のように書かれている。

 「少しでも危険を感じた場合には、自ら安全な場所へ移動する判断をしてください」

危険度分布示す「キキクル」

 今後の精度向上に向けた研究も気になるところだが、すでに運用が始まっているシステムのひとつとして気象庁の「キキクル」が挙げられる。

 キキクルは、日本地図上に土砂災害の危険度を次の5段階で表示する。

1.今後の情報等に留意
2.注意=レベル2
3.警戒=レベル3
4.非常に危険=レベル4
5.極めて危険

 7月8日19時50分の時点では、鳥取県の一部が「極めて危険」にあたる紫色になっている。

 鳥取の大雨に関するニュースを確認すると、7日午前6時59分に島根県と鳥取県で線状降水帯が確認され、気象庁が「顕著な大雨に関する情報」を出している。

 同じ日の朝日新聞は、7日午前7時までに島根県松江市、出雲市、安来市では観測史上最多の3時間降水量を記録したと報じている。

 松江市では1時間に約100ミリの雨が降った。雨量と雨の降り方の関係を5段階で示す分類を確認すると、松江で降った雨は、極めて激しいものだったことがわかる。

●やや強い雨:1時間に10~20mm
●強い雨:20~30mm
●激しい雨:30~50mm
●非常に激しい雨:50~80mm
●猛烈な雨:80mm以上

 1時間に80mm以上の雨は「猛烈な雨」に分類され、「息苦しくなるような圧迫感のある雨」と表現されている。

 7日から8日にかけてのニュースを確認するだけでも、線状降水帯が発生が認められた時点で、かなりの大雨が降っている可能性が極めて高いと理解できる。

 「息苦しくなるような圧迫感ある雨」の中を避難するのは、それだけで危険だ。線状降水帯が確認される前に、安全な場所に避難しておく必要がある。


 続きは「局地的な大雨、AIで予測精度上げる研究進む」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版

【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1353(2021年9月21日発行)

バックナンバー

  • 横浜市特産品を使った「18区丼」今月は「栄区」、横浜市庁舎2階のTSUBAKI食堂にて「よこはま『秋の果実』切り株プレート」9月末まで提供

  • 週刊アスキー No.1352(2021年9月14日発行)

  • 週刊アスキー No.1351(2021年9月7日発行)

  • 週刊アスキー No.1350(2021年8月31日発行)

  • 週刊アスキー No.1349(2021年8月24日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事