このページの本文へ

米国も資金提供、 危険なコウモリウイルス研究 なぜ武漢で実施されたか?

2021年07月15日 06時06分更新

文● Rowan Jacobsen

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

中国の武漢ウイルス研究所は何年もの間、コウモリ由来ウイルスの組み替え体がヒトに感染することを実証してきた。米国も資金援助していた危険な研究はなぜ安全性の低い環境で実施されたのか。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ