このページの本文へ

DX時代の地図サービスを共同で開発へ

マップボックス・ジャパンとゼンリンがパートナーシップを締結、サービス連携へ

2021年07月14日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マップボックス・ジャパンとゼンリンがパートナーシップを締結

 マップボックス・ジャパンとゼンリンは7月14日、両社によるソリューションの共同開発を目指し、パートナーシップを締結したと発表した。

 マップボックス・ジャパンは、2020年3月に米Mapboxとソフトバンクの合弁会社として設立。Mapboxサービスは、2019年から日本においてゼンリンの正確で網羅性の高い地図データを採用し、カスタマイズ性の高い地図情報サービスの開発プラットフォームを提供してきた。

 現在、企業がデジタル地図を活用するに当たって、様々なカスタマイズやデータ活用を行なうニーズが高まっているという。このような背景の下、より多くの利用者のニーズに応えるソリューションを提供するため、両社で協業を進めることに合意した。

 今後は両社のサービスを組み合わせたソリューションを共同で開発する。具体的には、マップボックス・ジャパンは、ゼンリンとの協力関係を通じて、Mapboxのサービス品質を向上し、日本市場にローカライズした新たなサービスを開発する。ゼンリンは、両社サービスを連携し、顧客のニーズに応じたソリューションの開発と販売を目指す。

 第1弾の連携サービスとして、Mapboxサービスを利用した小学生向け地図プログラミング教材「まなっぷ」がゼンリンからリリースされている。今後、地図情報サービスと可視化ソリューションを活用して、様々な分野で両社サービスの連携・拡大を進めていく予定。

 両社は、これらの新しいソリューションを、新規および既存顧客や、ヤフーやPayPayをはじめとするソフトバンクグループに提供し、さらなる採用実績を積むことで、多種多様な業界におけるDXの加速に貢献するとしている。

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ