• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

戦国無双5は6月24日より販売中!

新シリーズの幕開けを象徴する7年ぶりの最新作!『戦国無双5』完成発表会レポート

2021年06月25日 17時00分更新

文● 市川 ●編集 ASCII

6月24日に開催された『戦国無双5』完成発表会

 コーエーテクモゲームスは6月24日、都内某所にて『戦国無双5』完成発表会を開催した。6月24日より販売している戦国無双5の魅力を紹介するとともに、豪華ゲストによるクロストークなどを実施。本記事では、完成発表会の模様をお届けする。

会場には、戦国無双5の「一騎当千 BOX」(パッケージ版)が展示されていた

7年ぶりの最新作!
新たに生まれ変わった『戦国無双』

 まずは、コーエーテクモゲームス 代表取締役社長であり、戦国無双5プロデューサーも兼任する鯉沼 久史氏が登壇。シリーズ最新作となる戦国無双5の概要説明を行なった。

コーエーテクモゲームス 代表取締役社長兼戦国無双5プロデューサーの鯉沼 久史氏が登壇

 戦国アクションゲームの代表作というべき『戦国無双』は、約17年の歴史を持つ人気シリーズ。最新作の戦国無双5は7年ぶりとなるナンバリングタイトルで、従来の作風やアクションなどを一新しているのが特徴だ。鯉沼氏は、「戦国無双5は、新シリーズの幕開けを象徴する作品」とアピール。そのほか、シリーズおなじみの一騎当千アクションやW主人公による戦国ドラマ、魅力的な武将たちについても説明していた。

約17年の歴史を持つ戦国アクションゲーム『戦国無双』。シリーズ最新作となる戦国無双5は7年ぶりのナンバリングタイトルで、新たなシリーズの幕開けを象徴する作品になっているという

「織田信長」と「明智光秀」を主人公にしたメインストーリーをドラマチックに描く

爽快な一騎当千アクションも大幅に進化。和を意識したビジュアル表現により、豪快かつ華やかなアクションが楽しめる

織田信長と明智光秀以外の武将も数多く登場する

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう