このページの本文へ

1年を通して研究が可能に

イチゴの自動栽培ロボット研究施設が東大に完成

2021年06月23日 20時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HarvestXは6月21日、東京大学 本郷キャンパス内アントレプレナーラボに、イチゴの完全自動栽培ロボットシステムを研究開発する施設「HarvestX Lab」の設立を発表した。

 これまで同社は簡易的な栽培設備やイチゴ農園の協力の下、授粉および収穫といった要素技術の試験を行なってきた。 今後は、ロボットシステムの検証・評価項目の追加、試験サイクルを用いて1年を通じ試験を行ない、製品化へ向けて加速していくとしている。

 また、植物工場事業会社と同等の栽培設備を使⽤することで開発環境と運用環境の差を減らし、さらなる製品機能や品質の向上を目指すとしており、2021年夏頃には植物工場に特化した新たなロボットを発表予定だという。

■関連サイト

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ