このページの本文へ

NEC、5G基地局装置の無線機をグローバル市場向けに製品化 イベントにてバーチャル展示も実施

2021年06月23日 17時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは6月23日、グローバル市場向け5G基地局装置の無線機(Radio Unit、 RU)を製品化し、下期に出荷を開始すると発表した。

 新製品は、グローバルで5Gの周波数帯に使用されている、3.7GHz周波数帯(3.3~4.2GHz)に対応。また、Massive MIMO技術を活用した超多素子アンテナと高精度なビームを形成するデジタルビームフォーミング技術を組み合わせることで、端末との高速・大容量通信を高効率に実現する。

 従来機種と比較して高出力化と広帯域化し、通信エリアの拡大と高速伝送を実現した。また、NEC独自の高密度実装技術・省電力技術・ファンレス化等により、小型軽量化・低消費電力を実現している。

 仕様面においては、O-RAN Allianceが定めるO-RANフロントホールインタフェース仕様に準拠し、異なるベンダの基地局装置とも接続が可能で、多様なユースケースや回線構築ニーズに応じたネットワークを実現する。

 6月28日~7月1日まで開催されるイベント「MWC Barcelona 2021」に合わせて、特設サイトで本製品をバーチャル展示を実施。詳細はこちらを参照。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン