このページの本文へ

Core i7-10700とRTX 3060に加え、16GBメモリーにNVMe SSD搭載で20万円以下で買える

「VALORANT」は高解像度&高リフレッシュレートでプレイ可能! 高負荷なタイトルもしっかり遊べるRTX 3060搭載ゲーミングPC「G-Tune HL-B」

2021年06月21日 13時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「G-Tune HL-B」

 2020年にリリースされ、あっという間にFPSゲーマーに浸透し人気タイトルの1つとなった「VALORANT」。ゲーム性のほか、ほかのタイトルと比べて低めのスペックのパソコンでも遊べるのも特徴の1つなっている。

 前回、マウスコンピューターが販売中の、Core i5-10400とGeForce GTX 1650を搭載するゲーミングパソコン「G-Tune PL-B」で、本作が高リフレッシュレートで快適に遊べることを紹介した。G-Tune PL-Bは、10万4800円(6月20日現在)とリーズナブルな価格で購入できるほか、ミニタワーよりもコンパクトな筐体で、狭い場所でも設置しやすいケースを採用しているのも魅力。お手頃な価格でこれからVALORANTを始めたい人にピッタリのマシンとなっている。

 ただ、最近登場しつつあるWQHDや4Kといった解像度で、高リフレッシュレートといったハイグレードな環境で超快適にVALORANTを楽しみたいという場合や、VALORANTに加え負荷がかなり高めのゲームもしっかりプレイしたいとなると、G-Tune PL-Bではすこしパワー不足となる。

 そこで紹介したいのが、同じコンパクトな筐体でCore i7とGeForce RTX 3060を採用する「G-Tune HL-B」だ。今回は、VALORANTを中心に、G-Tune HL-Bがどれくらいの性能なのかをチェックしてみた。

WQHD+240Hz、4K+144Hzでも遊べる性能

 G-Tune HL-Bの主なスペックは、Core i7-10700、GeForce RTX 3060、16GBメモリー、512GB SSDという構成だ。この構成で価格は18万6780円(6月20日現在)からと、20万円以下で購入できる。

 早速、VALORANTがどれくらい快適に遊べるかをチェックしていこう。今回は、射撃訓練所をぐるぐる周回したときのフレームレートを、解像度をフルHD、WQHD、4Kに変更しつつ「Fraps」で計測した。今回は、グラフィック設定はできるだけ高くして計測している。

VALORANTのフレームレート計測結果

 結果は、WQHDであれば240Hz、4Kであれば144Hz前後と、高解像度でも高リフレッシュレートで遊べるということが分かった。なおVALORANTの傾向として、射撃訓練場は場所によってすごくフレームレートが下がるところがあり、それが最小フレームレートに影響していると思われる。ただし、それでもどの解像度でも144Hzを下回ることはなく遊べるのは、魅力といえるだろう。

 G-Tune HL-BはVALORANTだけでなく、負荷が高めのタイトルでも遊べそうなスペックを持っているので「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」もチェック。フルスクリーン、高品質で、各解像度でチェックした。結果はフルHDが8791(快適)、WQHDが6472(快適)、4Kが3770(普通)という結果に。また、カスタム(4K)でDLSSをオンにしたところ、5752(やや快適)までスコアは上がった。

フルHDの結果

WQHDの結果

4Kの結果

カスタム、DLSSオンの結果

 FFXVベンチは高負荷なタイトルを遊ぶときの指標として使用されがちだが、フルHDとWQHDであれば、グラフィック設定を高めにしておいても快適に遊べそうだ。ただし、4Kとなると若干設定を下げつつになると思われるが、遊べないわけでもなさそうだ。加えて、DLSS対応タイトルであれば、より快適に遊べるだろう。

 3DMarkも計測してみたところ、Time Spyが8677、Time Spy Extremeが4006、Fire Strikeが19128、Fire Strike Ultraが5092という結果になった。これくらいスコアが高ければ、G-Tune HL-Bはミニタワーよりコンパクトな筐体を採用しているが、スペックどおりの性能を発揮できているといっていいだろう。

Time Spyの結果

Time Spy Extremeの結果

Fire Strikeの結果

Fire Strike Ultraの結果

 では、ゲーム以外はどうか、パソコンの全体的な性能がチェックできる「PCMark 10」を計測。結果は、総合スコアが6238となった。詳細をみていくと、アプリケーション起動やウェブブラウザーの快適さを示す「Essentials」が9297、WordやExcelといったビジネス系アプリケーションの動作速度を示す「Productivity」が7769、画像・動画の編集や3Dグラフィックス処理を示す「Digital Content Creation」が9121だった。

PCMark 10の結果

 いずれのスコアも高く、ゲームに加え仕事や写真・動画編集といったクリエティブな作業にもガッツリ使えるだろう。

 最後にストレージの速度を計測できる「CrystalDiskMark」をチェックしたところ、シーケンシャルリードで1900.01MB/秒という結果になった。最新のSSDと比べるとそこまで速いわけではないものの、NVMe対応なので高速な部類に入り、ゲームプレイで不満を感じることはないだろう。

CrystalDiskMarkの結果

VALORANTに加え多くのタイトルを遊びたい人にオススメ

 G-Tune HL-Bは、Core i7とRTX3060を搭載し、VALORANTを高解像度&高リフレッシュレートで遊べるのに加え、多くのタイトルを快適に遊びたいという人にオススメの1台となっている。比較的にコンパクトな筐体を採用しているので、様々なパソコンデスク環境に設置しやすいのも魅力だ。さらに、20万円以下で購入できるので、ものすごくハイスペックな構成ではなくていいので、ゲームが快適に遊べるパソコンがほしいという人は、G-Tune HL-Bを検討してみてはいかがだろうか。

カテゴリートップへ