このページの本文へ

デジタル化で加速する「英語化」の流れ、少数民族に言語の壁

2021年06月18日 05時44分更新

文● Tate Ryan-Mosley

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英語が主流言語の米国において、他の言語、特にアジア系の少数民族が使う言語の格差に苦しんでいる人は数百万人にも及ぶ。テクノロジーは格差を取り除くためには機能しておらず、むしろ格差を生み出している。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ